« 恐ろしい「立てこもり」(2) | トップページ | 魅惑のエノテラ »

2007年5月19日 (土)

あやめとかきつばたについて

070519a070519b お晩!

 ところで今日は、イノシシよりも、厄介な!
 元上司のツノ次長が畑にやってくる可能性が高かったので、昼間は避けて夕方5時過ぎに畑に行ったのだ。
 だって玉ねぎやスナップ豌豆を根こそぎ持って行かれるから…
 お陰さまでツノ次長に会わずに済んだが、豌豆の鞘をハサミでパチパチ切っていたらアッという間に暗くなっちゃって…
 それで全然畑仕事ができなくて不満が残りました。
 明日も昼間は避けて早朝&夕方に畑に行くでしょう。

 ところで畑のジャーマンですけど、密度は低いが、まだまだ咲いております!
 考えてみたら今年は暖冬なので早いが、いつもは5月20日過ぎがピークなのだ。

Thornbird_070519Silverado_070519【左】黄金ジャーマン・ソンバード 蕾の時はまっこと黄金であって、香りも良い。おヒゲがちょっと変わってますけど、これが「ホーン咲き」といわれる…

【右】シルバラード グレーっぽいブルーが素敵な花だ。写真ですといまいち「良さ」がワーリませんけど、ナマで拝見しますと、Ginさんの仰るとおり、格の違いを見せ付けます!

 ところでお世話になっておりますakanegusaさんから素朴な疑問で「アヤメとカキツバタの違いは?」と聞かれて、ボカー「パッと見」でいつも判断していたので明確に答えられなくて… それで、それはT山大学生物学科OBとして恥ずかしい態度だと思ったから少し検索してみたのだ。
 そしたら、こんなサイトが…
 http://www.tssplaza.co.jp/hanasanpo/hanasyoubu.htm

 それで、花弁の付け根にある、黄色い斑の周りに「綾目(あやめ)模様」があるのがアヤメだそうです!!
 存じませんでした…
 それで、綾目模様が無いヤツで、葉っぱが細め・真ん中の葉脈(中肋)が太くて目立つヤツが花菖蒲、葉っぱが広くて中肋が目立たないのがカキツバタとか!
 あと、おヒゲがあるのがイチハツ&ジャーマンアイリスですね?

Kakitsubata_070512b これは魔女が昨年の秋に秋田から持ってきたヤツですけど、魔女の言う通りカキツバタで間違いないみたい。

*

*

*

Ayame_070515c

Ayame_070515b

 これはマブのしばぞうさんから頂戴した「アヤメ」ですけど、白系ですと綾目模様がハッキリしないから、例としては、良くない…
 もしかしてアヤメでは、ない?

 しかしながら、どれもアヤメ科なんだから、とりあえず「アヤメ」とか言っとけば間違いない筈ですけど、日本人はアヤメとカキツバタを区別したがるので(?)厄介ですね!
 学名ならどれもIrisだから、迷ったらとりあえず「アイリス」って言っとけば間違いないでしょう。
 もしうるさいオバさんとかに突っ込まれたら「アイリス・フィムブリアータ・パープレア・パリエガータ」ですとか、「アイリス・ユーリファリンクス・ペレカノイデス・リンネ」とか適当に言っとけば、すごすごと退散するでしょう。

 バーなら

|

« 恐ろしい「立てこもり」(2) | トップページ | 魅惑のエノテラ »

その他の花」カテゴリの記事

ジャーマン」カテゴリの記事

畑の今」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
いろいろと、教えていただいて、ありがとうございます。アヤメ、よーくわかりました。ジャーマンアイリスは華やかですね。白いアヤメも清楚な感じで好きですね。

投稿: akanegusa | 2007年5月20日 (日) 11時12分

 akanegusaさん、こんばんは!
 あ・あの~ ボカー時々「ウソ」を書きますので、あまり信用しない方が? なにしろ水仙に関して…(以下略)
 しかしながらこれは他所様のサイトに書いてあったから大丈夫と思いますけど!

 あと、ボカーこのような事がないと調べませんので、お陰さまでアヤメに関して賢くなりましたので良かったと思いますこれで!

投稿: ぱうろ英 | 2007年5月20日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205977/15130370

この記事へのトラックバック一覧です: あやめとかきつばたについて:

« 恐ろしい「立てこもり」(2) | トップページ | 魅惑のエノテラ »