« これが80ダラーだ! | トップページ | 夢山桜の死 »

2007年7月10日 (火)

ジャンゴの取材★ジャン取材

 お晩!

 ところで皆さんは、ボーナスが出ましたか!?
 ウチの会社のボーナスは! 基本給の0.68ヶ月だと。
 せっかくボーナスで地デジパソコンを買い求めようと思っていたのに、これでは文字通り棒と茄子だ。
 でもまあ世間にはもっと厳しい人々もオラレるのだから贅沢は、言いません、そして住宅ローンのボーナス分は出るから、まあ良かったと思いますこれで。

Shuzai_070709 ところでボカーこの度、ジャンゴの取材・ジャン取材をカンコーした。 …っちゅっても(と言っても)、写真を1枚撮っただけですけれども。
 これは通勤途中の見事なジャンゴ畑だ。クロコスミアとカンナとアガパンサスと、そして中央にはダリアが…!!

 うれしいではありませんか!

 そしてアガパンサスの都会的で美しいブルーによって、ジャンゴが締まります。
 あと、もう少し先で停車すればダリアの「ジャンゴ囲い」すなわち「ジャン囲い」が見れた(ラ抜き)んですけど、こればっかしは信号や渋滞の都合でナンともならない。
 「ジャンゴ囲い」っちゅ~のは、ダリアなどの株の周りに支柱を4本くらい立ててビニール紐で「ぞんざい」に囲うアレです。またチャンスがあったら、撮るでしょう。

Shuzai_070709bShuzai_070709c これはウチの畑の近くの畑ですけど、このダリアは魔女が投げたんです。この畑のオバさんがウチの畑にやって来て「ダリアのイモほしい」とか「おねだり」したらしくて、魔女が「もう植えた後だし~」とか言って、丁度俺が捨てたイモがあったので、それをくれてやった差し上げたのだ。
 もっと早く言ってくれればもっとマシなヤツをくれてやった差し上げたのによー
 しかしながら、なかなか見事ではありませんか! ウチのダリアよりよっぽどリッパだ。「芽かき」も摘芯もしてなさそうだし、シカーモ支柱ナシなのに倒れずにワサワサと… 虫にも食われとらんし~、ナニかコツが、あるのでしょうか! 小高い丘で日当たり&水はけ&風通し抜群の環境がダリアに「もってこい」なのか!
 この畑から学ぶところはデカい。
 ちなみに品種は左がたぶん小舟、右は実生。

-------------------------------------------

Yumeyamazakura_070709a ところでウチのダリアですけど、これは去年小西ダリア園さんから購入しました巨大輪の夢山桜です、今のところ20cmほど… この調子だとマン開で25cmくらいでしょうかネ

*

*
*

Chrysler_070709 これはAGSさんから数年前に購入しましたクライスラーです、本来はもう少し赤黒なんスけど、今回の花はあまり黒くない… しかしながらこの爬虫類系の花弁がとっても素敵な花だ。

 そして今年の梅雨は雨がバンバン降りますけど、なんだかんだで30℃を超える日がまだ数日しか無くて、もう7月10日ですのに、なんだかんだで涼しいからダリアも元気だ。

 バーなら

|

« これが80ダラーだ! | トップページ | 夢山桜の死 »

たのしい会社」カテゴリの記事

ジャンゴ」カテゴリの記事

ダリア」カテゴリの記事

畑の今」カテゴリの記事

コメント

英さん、今晩は飲み会ですか?
珍しくブログはお休みなのでしょうか?

待宵草の話を引っ張るようで申し訳無いのですが、
先ほど本家のほうれん草の間の方に写真貼りました。
最近は夜に雨が降って朝方綺麗じゃないのでずっと以前の写真です。
こぼれ種があちこちに出てくるので、狭い花壇には向いてないですね。

投稿: maru | 2007年7月11日 (水) 23時40分

 モ・モーシ訳ありません、昨日は眠くて眠くて、コメント書いただけで寝てしまったのですー!!
 それに教会の典礼委員長がめっちゃムカついて時々朝も起きれなくなるんですネ
 ひぇ~
 ところでイブ・プリのうれしい投稿ありがとう存じます、プリムラ・ポリアンサみたいな花が輪になって咲きますと大変素敵ですねぇ、シカーモ大輪と来れば!
 大変ゴージャスなのではないかと想像されます。
 しかしながら最近雨降りすぎですねぇ…せっかくのダリアも、台無し~ 台風もソれてくれると良いのですけれども。

投稿: ぱうろ英 | 2007年7月12日 (木) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205977/15717480

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンゴの取材★ジャン取材:

« これが80ダラーだ! | トップページ | 夢山桜の死 »