« ダリアをおかわり | トップページ | リコリスが来ました »

2007年7月27日 (金)

たのしいカトリック聖歌集

Cath_070727a お晩!

 ところで、この、画像は!
 ウチに代々伝わる「カトリック聖歌集」です!!

 きったね~
 ボロボロ~

 ところで皆さんは、このカトリック聖歌集が、いつ、誰が、どのように! 作られたのか、知っていますか!
 ボカーよく知りません。
 そりゃあいつも教会で使ってるサ。
 でもいつ、誰が、どのように! 作ったのかは、全然知らないのです…
 それで少し調べましたら、最初に出来たのが1966年で俺と同い年であることがワーッた(わかった)。
 あと、ラテン語の曲ですとか、ヨーロッパの曲を日本語の歌詞に直したものもあるけど、日本人のオリジナル曲もたくさんある。これらの曲は作詞作曲者不詳のモノが多いみたいですけど、山本直純の父が作曲した曲もあるとか!
 どうりで文部省唱歌チックで昭和のフン雰気で、素敵なワケですネ

Cath_070727b それで、最近は「典礼聖歌集」が中心であって、カトリック聖歌集が使われることが減ってきましたけど、俺が選曲を担当している間はなるべくカトリック聖歌集の曲を、使うでしょう。
 そして最近は若者の間で昭和40年代が大流行しているといわれているから(?)、皆さんも機会がございましたら、ドンドン聴いてみてほしい。

 それではカトリック聖歌集371番「みつかいの」、聴いてください…
 http://homepage1.nifty.com/kuroyuri/Piano/Cath/C371G2.mid

 ★歌詞(他所様のサイト)
 http://hosanna.romaaeterna.jp/hymn/seika300/sei371.html

--------------------------------------

 ところで先日畑で久々にカマキリ画像を撮りましたので、載せるでしょう。

Kamakiri_070724aKamakiri_070724b もう夕方で暗かったので上手に撮れていませんけれども。最近は農薬のせいでしょうか、カマキリを殆ど見なくなりましたので、久々に見れた(ラ抜き)のでうれしい。
 成虫まで無事に成育できるのか!
 ちなみにこの葉っぱはゴーヤー。

*
*

Kumanbachi_070701b ←クマンバチのプリケツ。
 クマンバチはデカくてブンブンうるさいけど、決してダリアを食害しない。そして一重・オレンジの実生ダリアが大好きみたいで、いつもやって来るから、かわいくてたまりません。
 ちなみに写真の花はフィダルゴブラッキーだ。

 バーなら

|

« ダリアをおかわり | トップページ | リコリスが来ました »

MIDI」カテゴリの記事

教会」カテゴリの記事

畑の生きもの」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
宗教的なことはよくわかりませんが、聖歌って優しいメロディで心が落ち着く感じですね。
つい先日、職場でお客さんのおじいちゃんから「主われを愛す」という賛美歌の英語の歌詞を知りたいというご質問を受けて調べて差し上げたら、窓口で歌われちゃって、ちょっと困りました・・(^^ゞ

カマキリとクマンバチの画像、素敵です!
カマキリって、カメラを向けると絶対スゴんできますよね。
春からずっとウチに通って来てるクマンバチは、リナリアプルプレアがお気に入りの様子です。むくむくしてかわいいので、私も大好きです。

投稿: まきこ | 2007年7月27日 (金) 23時14分

えいさん こんばんは。 
今晩も生演奏付きでまったりさせてもらってます^^

クマンバチ、我が家にもやって来ますが刺さないですか?
刺されたら痛そうなので、見つけると作業中断ですごく困るんです。
よく見るとかわいいような気もしますが・・・

ところで、今日はこの辺で一番大きい規模の園芸店へ行って、そこで巨大ダリアにお目にかかりました。
実は一度も実物を見たことがなかったんです。
でも巨大と表示してあるわりには花径15センチくらい、私はいつもえいさんのダリアで目が肥えているので“ちっさ~”と思ってしまいましたよ。

それでも高さは1mを超えて迫力ありました!(値段は40センチ鉢で一万円です!非売品と書いてあるのに…?)

あ~、私も早くダリア育てたいです!
AGSさんとこの通販、今は閉じていますが、販売開始されるのは何月ですか?ワクワクします^^

投稿: sachiko | 2007年7月27日 (金) 23時31分

★まきこさん
 早速MIDI聴いていただきましてありがとうございます、
 そうですね、俺も宗教的なことは、知りません。(←問題発言)
 しかしながら、良いモノは良いから…
 あと、最近のチビっ子はあまりカトリック聖歌集に馴染んでなくて、俺がカトリック聖歌集のをやると「あまり好きじゃない!」とかナマ言うから悲しくなります!
 かといって年配の皆さんが喜んでくれるかというと、やはり反応はいまひとつ。
 ボケてしまったのでしょうか…(問題発言2)
 ただ単にテレていて歌えないっちゅ~説もあります。
 英語の爺さんみたいな人が沢山いてくれると嬉しいのですけど、逆にそういう人ばっかでもウザいかな~(問題発言3)
 それと、アレですねまきこさんは、やっぱ知的で学術的な職場で働いてみえるんスね!

★sachikoさん
 早速MIDI聴いていただきまして…
 うれしいではありませんか!
 ところで、ええっ、巨大輪ダリアの鉢植え・ですか?
 粋ですねぇ
 ミッナイ・ムーンなどの鉢植えは良く見ますけれども…
 しかしながら、確かにダリアの鉢植えは難度が高いですので(俺的に)、なかなか巨大輪を咲かすのは大変でしょうね! AGSのモニターさん達は鉢植えの方が多いですけど、上手に咲かしてリッパです!
 ところでクマンバチですけど、刺されたことは、ありません。刺すんでしょうかねぇ? 調べます!
 あと、AGSさんも小西ダリア園さんも、たしか3月中旬頃から受付開始だと思います、早く育てたくてワクワクとは、うれしいではありませんか!
 よろしければ営業妨害にならない範囲でウチの畑のヤツをおスソ分けしますので、ご希望のがございましたら目星つけといてください!

投稿: ぱうろ英 | 2007年7月28日 (土) 00時39分

ダリア王子サマありがとうござます!嬉しいお言葉にドキドキ…
AGSさん、受付開始3月ってけっう遠いですね、
その間じっくりお勉強しておきます。
で、本屋さんで探したんですけどダリアの本ってないですね、今度図書館に行ってみよう~

私のファーストダリアって何にしよ~、って、ロイヤルブレッド忘れとった!!まだ咲いてないですけど…

投稿: sachiko | 2007年7月29日 (日) 00時49分

 sachikoさんこんばんは!
 そ、そうですねダリアの本って、無いんスよね~
 俺が出す?

 ひぇ~

 間違ってもウチのホムペは参考にしないでください!
 やっぱAGSさんのホムペが一番です!
 あと、欲を言えば、ダリア園さんって涼しい地域だったり、暖地だと6月植えにしたりとかで、暖地の一般人向けの栽培法とは微妙に違うような…
 暖地で一般人向けの栽培法を、ぜひお願いしまーす!

 しかしながら「ファーストダリア」って素敵な響きですねぇ…
 いまブログの載せてるヤツでは、マルコムズホワイトはおススめです! あまり丈がデカくならずに花茎が丈夫で折れないヤツが、良いでしょう。

投稿: ぱうろ英 | 2007年7月29日 (日) 21時57分

ひぇ~

じゃなくて、ほんとに英さん、本を出したらどうでしょう。
ダリアについての本って、ほんとに無いですよね。
実は私、このごろ執拗?に調べてみたのですが、1960年以前に出版された数冊くらいしかわかりませんでした(松尾真平著『ダリア全書』はちょっと見てみたい)。

あとは園芸雑誌にたまに取り上げられるくらいで、ダリアほどの知名度の高い花が、一般にはあまり栽培されていないのが現実なんだなぁ・・・と実感した次第です。

あ、すいません。オチはありません(^^;;;

投稿: まきこ | 2007年7月29日 (日) 22時18分

 まきこさんこんばんは!
 ええっ、マジで本って…

 でへでへ

 もし俺がダリア本を出したら、「ジャンゴ縛り」ですとか「夏バッサー」ですとか「イノシシ」などの単語がマン載で、せっかくAGSさんとかが高級でお洒落でイングリなイメージで勝負しようとされているのに、台無しー!かも…

 ところで執拗にダリア本を…
 うれしいではありませんか!
 しんぺいちゃん(ピンポンパン風に)の「ダリア全書」見てみたいですね、興味深々…
 1960年より前・ですか?
 昭和の匂いが、いたします!
 そうですねボカーやっぱしダリアっちゅ~のはイングリ面をアッピールするのも大切だけど、ジャンゴ面もアッピールして、「ジャンゴの素敵」を皆さんに知って頂くっちゅ~のも、大切なんじゃないかな?

 ところで知的で聡明なレディは皆さん図書館を活用されるんスね!
 ボカー最近は「趣味の園芸」すら読まなくて恥ずかしいことです…

投稿: ぱうろ英 | 2007年7月29日 (日) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205977/15919929

この記事へのトラックバック一覧です: たのしいカトリック聖歌集:

« ダリアをおかわり | トップページ | リコリスが来ました »