« 小さい秋・ニ短調 | トップページ | リコリスが少し/ダリアの今 »

2007年9月 8日 (土)

ゾックリ来ました・クレマチス編

 お晩!

 ところで今日と明日は「せともの祭り」です!
 ですので全国の皆さん、ぜひ、瀬戸へ、来てください。

Arabella_070908a ところでクレマチスのインテグリフォーリア系のアラベラが、咲きましたー!!
 しかしながら、なんか色がヘン…
 色が白っぽくてスカスカなのだ。
 暑いからでしょうか…
 なにしろ名古屋地方は今日も33.9℃なのだ。
 もう本当にいい加減にしてくれ! ※瀬○弘幸風に
 そして「青竹簾」をバラして作成した粗末な支柱に絡めたのだけど、茎がまだヤーラかいので大丈夫と思ったら、案の定2箇所ほどポッキリ折れましたので、セロテープで補修したのだ。

070908 そして同じくインテグリフォーリア系のブルーボーイもドンドン伸びてきております、こちらは朝顔の行灯支柱を使用しております。
 そして初夏花は咲かなかったが、どうやら今回は蕾を持ったようだ。

 あと、畑でイノシシに掘られて「やむなく」鉢植えにした超巨大輪ダリアのエモリーポールは、週1※でハイポの1000倍液を施しましたら茎が随分太くなっていい感じ。
 ※実際は正確に週1ではなく、適当。
 それで、まあ超巨は無理でも普通に大輪(24cm)くらいには、なってほしいものです。

Arabella_070819070908Blue_boy_070819070831 それでアラベラブルーボーイの、バッサー後の「流れ」をまとめてみた。
 そして、最初は半信半疑であったが、地際バッサーしたら即座にゾックリ芽を吹いて、アッという間に伸びてきたからうれしくてたまりません。
 やっぱクレマチスはバッサー可の系統が、いい。

 バーなら

|

« 小さい秋・ニ短調 | トップページ | リコリスが少し/ダリアの今 »

クレマチス」カテゴリの記事

ダリア」カテゴリの記事

俺のバルコニー」カテゴリの記事

コメント

英さま、こんばんわ
やっぱりクレマチスは地際わバッサー系ですよねっ!
しかしながらブルーボーイの画像みたく、ホントに地面ギリギリで切っても芽が出てくるんですね。
ボクは怖くて冬剪定以外は、そこまで切れません。
さすが、ダリアで鍛えられてますね!?

ところで、うちではバッサーしたクレマの茎をもったいないので挿し木とかにするんですけど、ちっとも着かないんですよ。梅雨時期でもダメ。
なんかコツがあるのかなぁ・・・

投稿: しばぞう | 2007年9月 9日 (日) 01時58分

 しばぞうさん、こんばんは!
 そうですねガーデナーの皆さんの「心理」としては地際バッサーに関して「本当に大丈夫なの?」「マジ?」とか心配されるのが実情でしょう。
 ですのでこの「証拠画像」によって、ガーデナーの皆さんに「勇気」を与えることができれば幸いです。

 ところで、ええっ、クレマの挿し木・ですか?
 バラの挿し木は挑戦してみましたけど、100パー失敗しました。
 クレマの挿し木は考えもしませんでしたー!!
 でもまあ、しばぞうさんがダメなら俺なんて~
 やるだけ無駄でしょうね!

投稿: ぱうろ英 | 2007年9月 9日 (日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205977/16386605

この記事へのトラックバック一覧です: ゾックリ来ました・クレマチス編:

« 小さい秋・ニ短調 | トップページ | リコリスが少し/ダリアの今 »