« プリムラが、少し | トップページ | いい加減なこと »

2008年1月22日 (火)

たのしい典礼聖歌集(2)

080119c お晩!

 ところで←この画像は先日・1月19日に撮影した墓場のお供え花だ。実を言うと年末の12月30日に畑のスプレー菊をお供えして以来墓場に行ってなくて、この日久々に行ったのだ。
 それで、畑の菊はもう無いし、たまには買うのも良いかな~と思って、近所の松○屋ストアーで買ったのだ。2束で696円…
 それで、ハッ、そういえば、1月8日は故Sゲルのバースデーだったワイとか思って、すっかり忘れておりました。
 ですので丁度良かったと思いますこれで。(渡部絵美風に)
 そして、店で売っている仏花っちゅ~のは大変カラフルですけど、このベタな配色は俺の「好み」とぴったり合います!
 あと、墓場のイングリローズの剪定もしようかと思ったが、急いでいたので取りあえず半分くらいに仮剪定しました。

-----------------------------------------------

 ところで、「おいおい、また典r(略)

 それで、今日は典礼聖歌集のミサ曲についてモーシ述べるでしょう。
 それで、ミサ曲でいちばん歌われるのは「2」で、その次が「1」で、大きな教会とか、歌にネッ心な(熱心な)教会は「3」とか「6」も、歌っているかもしれませんね!

 しかしながら、ミサ曲のレパを(レパートリーを)3種類持っている教会は、少ないのでは、ないか?
 瀬○教会では一応「1」と「2」はオッケーで、「3」にも挑戦しているが、「栄光の賛歌」は長くて難しいので、いつもショぼいです!
 やっぱ聖歌隊が無いと、厳しい。

 しかしながら、四旬節は「栄光の賛歌」を歌いませんので、「3」とか「4」とか「5」を歌うチャンスです!!
 そして「4」と「5」は俺が調べたところではCDとか出てないみたいですけど、どっちも大変素敵だから、ドンドン歌って頂きたいと、思います。
 今度の四旬節もミサ曲5をバンバン弾くつもりだから、瀬○教会の皆さんはしっかり歌ってほしい。(偉そうに言う技)

ミサ曲5 感謝の賛歌(典礼聖歌集220番) 初音ミク版 (0.97MB/1分01秒)
 http://homepage1.nifty.com/kuroyuri/Piano/Cath/T220.mp3
ミサ曲5 平和の賛歌(典礼聖歌集221番) 初音ミク版 (1.19MB/1分18秒)
 http://homepage1.nifty.com/kuroyuri/Piano/Cath/T221.mp3

 でもまあ初音ミクのヴォーカルですと練習に使えないから、どなたかちゃんとした音源でCD化してくれる事を希望します!

 バーなら

|

« プリムラが、少し | トップページ | いい加減なこと »

初音ミク」カテゴリの記事

墓場」カテゴリの記事

コメント

英さん、おはようございます!(って今何時・・)
たのしい聖歌集、毎回楽しみに聴いています。
最近の4曲の感想を申し述べさせていただきますと、

「我らは御身のもの」
確かに唱歌っぽいですね。
「こいのぼり」と雰囲気が似ているのでミクちゃんの声にあわせて、た~かくおよぐやこいの~ぼり~♪って歌っちゃいました。不謹慎?^_^;
「ごらんよ空の鳥」
晴れの場に相応しい印象の明るい整った曲で、入学式とか卒業式にも似合いそうですね。合唱部の人に上手に歌ってほしい感じ。
「感謝の賛歌」
これ、いちばん好きです。
「平和の賛歌」
これも好きですが、歌うのが難しそう。歌うときは伴奏者の方がリードするんですか?

ドラマーをやってた(はぁ?)頃はいろんな曲をたくさん聴いてたけど、聖歌は未知の世界なので興味津々なまきこでした。

投稿: まきこ | 2008年1月24日 (木) 11時30分

 まきこさんこんばんは!!!
 ところで聖歌を聴いていただきまして…
 うれしいではありませんか!
 そして、ハッ…!
 そういえば「御身は」は「こいのぼり」に似ているー!!
 「途中で曲が変わるシリーズ」に、使えるかもよ?
 そして、そうですこの曲は、カトリック信者の「強さと勇ましさ」を表現した曲なのでは、ないか?
 あと、感謝の賛歌が一番のお気にとはお目が高い!!
 この曲は最後に長調になるところがカッコいいんだよねー
 そして、そうです聖歌隊も指揮者も居りませんので、伴奏でリードするしか、ありません。
 そしてミサ曲はいろいろなバージョンがあるから、いろいろ聴き比べると楽しいのだけど、信者でも「ミサ曲5? ハァ?」みたいな人も多いし、なかなか…

 なかなか、何?

投稿: ぱうろ英 | 2008年1月24日 (木) 22時26分

どもはじめまして。
うちの教会では、ミサ曲はというと、
普段は2で、
時々天使ミサ、時々フォーク、
四旬節は4と5に(ごくまれに3)
復活祭と諸聖人の日と降誕祭は1、
というのが恒例のようです。
現況として、天使ミサのラテン語よりも、3の方が歌えませんw

投稿: のぶ | 2008年4月22日 (火) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205977/17788138

この記事へのトラックバック一覧です: たのしい典礼聖歌集(2):

« プリムラが、少し | トップページ | いい加減なこと »