« ダリアのイモを掘ろう! (2) | トップページ | ピアニストが、咲きました (2) »

2008年1月31日 (木)

ピアニストが、咲きました

080126 お晩!

 ところで約11年前になりますか、故Sゲルのバースデーに購入しましたシンビジウムのピアニストが今年も!
 咲きました。
 しかしながら虐待しているので、年々みすぼらしくなります…
 そしてウチのシンビで生き残っているのは3株で、そのうち2株に花芽が出たが、2つともピアニストなのだ。
 名無しのヤツは枯らしたのに、ピアニストは生き残っている。
 意外と丈夫なのか?
 はたまたSゲルの霊の「しわざ」なのか!?
 それで↑画像に沿ってモーシ述べると、

【1】大変珍しいシンビのジャンゴ縛り
【2】真横に伸びた花茎を無理くり誘引したのでこの按配
【3】斑入り葉胡蝶蘭の花芽 (確定)
【4】2年目のプリムラジュリアンがバリきれい
【5】【6】すっかり荒れ果てた俺のバルコニー

 この画像のピアニストは1月26日撮影だけど、その後ちゃんと結束タイで真っ直ぐに縛り直して、花も5つ位開いたので、今は魔女ん家だ。

 そして「俺のバルコニー画像」で皆さんから頂戴した貴重な苗が幾つか写っておりますが、いつか必ず植え替えて、大切に育てますので堪忍してください!!
 今すぐやれば良いのだけど、寒いから…
 そして枯れ枝とか片付ければ良いのだけど、とにかく寒くて寒くてベランダに出るのも嫌だから、もう少し…

 …もう少し、何?

 あと、素焼き鉢もギョーさんあるが、時代はスリットだから、今度「燃えないごみ」に出すつもりだ。

 バーなら

|

« ダリアのイモを掘ろう! (2) | トップページ | ピアニストが、咲きました (2) »

その他の花」カテゴリの記事

俺のバルコニー」カテゴリの記事

コメント

えいさん こんばんは

えーっ、素焼きをお捨てになるの?

プラ鉢はそんなに長くは持たないし、必要悪の最たるものだと思います。スリット鉢も最近、見直しの動きがありますし(何でも良くは育たない)

えいさんには、ぜひ由緒正しい環境にやさしい園芸を追求していただきたいと思いますので、思い止まっていただきたいものです。

投稿: GIn | 2008年1月31日 (木) 21時52分

 Ginさんこんばんは!!
 ところで、ええっ、スリットも最近、見直しの動きが、あるの?

 ひぇ~
 
 しかしながら、素焼きはやっぱ乾き易いので、「だらしな園芸」ですと、真夏とかはプラ鉢に比較して生育が、いまひとつ…

 しかしながらGinさんにそう言われると、捨てれない。(ラ抜き)

 しかしながら、10年ちょい前に胡蝶蘭ですとかオンシのフラ苗を(フラスコ苗を)沢山馴化しようと考え、3号以下のミニ素焼きを沢山購入しまして~
 あと、ユリの交配したヤツもたくさん育てようと思って6号の素焼きを沢山買ったので、今素焼き鉢が、文字通り「山」のように…

 ですので、少しだけ捨てる事を、許して頂きたいと、思います!

投稿: ぱうろ英 | 2008年2月 1日 (金) 23時12分

近場なら、スイセンの種まき用に貰い受けたいところですが、残念。播きっぱなしで畑に埋めておくには、素焼鉢がとっても便利なんですけどね。とりあえず畑の脇にでも退避させては?

投稿: Gin | 2008年2月 1日 (金) 23時37分

 そうそ、それそれ~
 ジャーマンとかで「畑に鉢ごと埋める技」を用いようかと考えたことも、ございます、
 なんちゅ~か素焼き鉢って何年も使うと病気とか持ったりですとか、肥料分が固まって通気性も悪くなる気がするし~
 焼き直しとか出来ると、良いかもしれませんけれども。
 でも畑まで持っていくのも一苦労なんスよね~

投稿: ぱうろ英 | 2008年2月 2日 (土) 21時56分

素焼鉢、どのくらいの量がありますか?
もし良ければ、こちらで引き取ります。

投稿: Gin | 2008年2月 2日 (土) 22時42分

 そ、そうですねぇ、素焼きは発送するにも梱包が大変だし~

 ワーリました、なるべく捨てずに大切に使いますので堪忍してください!!

 なるべく… (笑)

投稿: ぱうろ英 | 2008年2月 4日 (月) 22時19分

すいません、追い詰めちゃって。。

投稿: Gin | 2008年2月 4日 (月) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205977/17911529

この記事へのトラックバック一覧です: ピアニストが、咲きました:

« ダリアのイモを掘ろう! (2) | トップページ | ピアニストが、咲きました (2) »