« Debussyが、咲きました | トップページ | 畑のダリア »

2008年7月 5日 (土)

憎い害虫

Kanabun_080626 お晩!

 ところで先日、畑の美しい巨大輪ダリア・マルコムズホワイトにカナブンが…
 それでガッツリ喰らい付いていて、手で捕まえようとしてもドンドンもぐっていって、なかなか引っ張り出せない。
 それでハサミでガッツリ挟んで「無理くり」引き摺り出して地面に叩きつけたのだ。

 いい気味です。

Gisu_080626 それで「やれやれ」と思っていたら、同じ花の反対側にキリギリスのような虫がフンをタレ流しながら、美しい花を貪り食っているではありませんか!
 それで、引っ張り出そうとしても、ガッツリ喰い付いて離れない。

 それで、だんだん腹が立ってきて、ガッツリ掴んで「無理くり」引き摺り出して、水性キンチョールをブッかけたのだ。

 それで、即死するかと思いきや、なかなか死にません。それでジャンプして何処かへ逃げてしまって、危うく見失うところであったが、このままだと再び被害を被るから、文字通り「血まなこ」になって探し出して、執拗に水性キンチョールをブッかけたのだ。

 いい気味です。

Kamikiri_080628 それで、今度は美しいハイブリッド・テーのクイン・エリザブースの様子が変で、美しい花が途中でポッキリ折れているので良く見たら、ゴマダラカミキリ仕業だったのだ。
 茎を齧って、産卵でもしていたのでしょうか!

 それで確かゴマダラカミキリの幼虫は、あの、恐ろしいテッポウムシでは? とか思って、このままだとクイン・エリザブースに死が待っていると考え、居ても立ってもいられなくなり、被害に遭った枝を深めに切り取りました。

 そしてゴマダラカミキリには、もちろん!
 水性キンチョールをブッかけました。

Shakutori_080628 それで、切った枝は勿体無いので家で生けようかと思ったが、良く見たら尺取虫が…

 何なの、お前ら
 もう本当にいい加減にしてくれ!
 小枝のフリしてても、見逃さないぜ

 それで、尺取虫っちゅ~のは、前後の脚でガッツリ掴まっていて、ボディが引きちぎれても離れないのではないか?とか思う程ガッツリ掴まっているから、もう本当に厄介だけど、なんとか無理くり引っ剥がして、水性キンチョールをブッかけたのだ。

 でもなかなか死なないんだよね!
 水性キンチョールって、ゴキブリには特異的に効くけど、畑の普通の害虫にはあまり効かないんですかね?
 それとも品質保持期限が切れてるんですかね!

------------------------------------------

Kamakiri_080624Kamakiri_080626 ところで今年はカマキリの幼虫を畑でよく見かけるんですけど、当たり年なんですかね!

 去年はセミの当たり年であって、セミの抜け殻をギョーさん見かけましたが、今年はサッパリだ。

 バーなら

|

« Debussyが、咲きました | トップページ | 畑のダリア »

畑の生きもの」カテゴリの記事