« セミの羽化 | トップページ | これが「鳥羽一郎全曲集」だ! »

2008年7月17日 (木)

墓場のアンブリッジローズ

Ambridge_rose_080716a お晩!

 ところで墓場のイングリローズ・モリニューアンブリッジローズの二番花が、咲きました。

 どちらも1番花より1回り小さくて、モリニューは結構ショぼいが、アンブリッジはギョーさん咲いて、まあ葉っぱは病気がちではあるが、結構きれいでうれしくなります!

Ambridge_rose_080713_16 ←7月13日~16日のアンブリッジ
 今年は5月11日に最初の花が咲いて、6月1日にバッサーしまして、2番花は7月8日頃に、咲きました。ですので、バッサー後1ヶ月ちょいで、2花が咲いたっちゅ~ことに、なりますか。

Molineux_080713_16 モリニューの2番花は7月5日頃に開花で、去年はなかなか両方揃って咲いてくれなかったが、今年は1番花も2番花も、ほぼ揃って咲いたのでうれしくなる。
 しかしながら、1番花は微妙にアンブリッジが早く、2番花はモリニューの方が微妙に早い。すなわち、モリニューの方が開花までの「スパン」が少し短い。今後、この「ズレ」がデカくなるのではないかと心配される。

B9_080609aB9_080609b *

*
←レトロなデザインが素敵

 ところでモリニューが開花時に暴れて倒れるので、矮化剤のビーナインを用いて、矮化を図る件ですけれども。
Molineux_080610_0713 1番花が終わって6月1日に剪定しまして、新芽が伸びてきた6月10日に第一回目のビーナイン散布をカンコーしました。濃度は200倍だ。
 これは、説明書きの中の「適用作物」にバラは入ってなかったので、「菊」の項に準じたのだ。そして、菊の場合は「1回目の後、30日目に2回目を散布」とあるが、30日待っていたら咲いてしまうので、18日後の6月28日に、2回目を散布したのだ。
 でもまあ、その時既に蕾がデカくなってましたけど!

 そして結果的に、普通に茎が伸びて、普通に開花した。

 やっぱバラにビーナインは効かないんでしょうかね?
 でも今後もしつこく撒いたら、モリニューの体内にビーナインが浸透し、秋花の頃にはコンパクトに美しく咲くのではないかと勝手に期待している。

-----------------------------------------

080713080713b

 これは7月13日の墓花だ。
 花の種類はひまわりのサンリッチオレンジボルトニアと、ダリアが超巨涼秋もどき群金魚ピーチズンクリーム銀月夢山桜ギッツパーフェクション神秘の輝ジュエル・エイリンだ。

 バーなら

|

« セミの羽化 | トップページ | これが「鳥羽一郎全曲集」だ! »

バラ」カテゴリの記事

墓場」カテゴリの記事