« 苦しいお年賀☆2009 | トップページ | 胡蝶蘭に花芽 »

2009年1月 4日 (日)

ロミェウクシーが、咲きました

Romieuxii_090104aRomieuxii_090104b お晩!

 ところで今年も、ペチ子水仙のロミェウクシー(Narcissus romieuxii) が、咲きました。
 じつは去年の暮れから咲いておりましたけど!
 それで、このロミェウクシーは、2003年の9月に大津のT先生から頂戴したのであるが、札に「カンタブリカス ロミウクシー」と殴り書きしてあったので、そのまま信じておったが、検索すると、どうも違うみたい。

 フツーに Narcissus romieuxii で、いいみたい。

 ここで、romieuxii の発音であるが、「ロミウクシー」なのか「ロミェウクシー」なのか、はたまた「ロミエゥクシー」なのか、迷う。
 それで、ググってみたところ、

 ・ロミェウクシー 187件
 ・ロミエウクシー 136件
 ・ロミエゥクシー 25件
 ・ロミウクシー 4件
 ・ロミェゥクシー 0件

 …であった。
 ついでにモーシ述べると、Narcissus の発音も、ググると色々出てくるが、もう面倒なので、そのまま学名で表記すれば、いいんじゃないですかね。(←嫌な言い方)

 ちなみにこの鉢植えは、5号素焼き鉢で3シーズン植えっぱなし。用土は市販の園芸培養土100%で、花後に液肥を適当に施して、葉が枯れたら断水して放置。そして11月頃から水遣りを開始します。
 この、水遣りを開始する時期を遅らせると、葉っぱが伸び過ぎず、美しく咲く・ような気がする…

Romieuxii_060225 ←これは2006年2月25日の画像であるが、葉っぱが短いので、花とのバランスが取れて美しい。
 あと、この頃は1月下旬~2月に咲いておったが、年々開花が早くなり、今シーズンは遂に、年内に咲いてしまったのだ。まあ暖冬の影響かもしれませんけど、水遣り開始のタイミングでも変わってくると思いますので、まあ何とも言えませんね。

 あと、今日ベランダの「片付け」をしていたところ、すっかり忘れ去られていた、もう1鉢のロミェウクシーと、モノフィラス(Narcissus cantabricus subsp. monophyllus)の鉢が断水状態のまま出てきまして、これから水遣りを開始しますので、今後どのように生育するのか注目してゆきたい。

 バーなら

|

« 苦しいお年賀☆2009 | トップページ | 胡蝶蘭に花芽 »

俺のバルコニー」カテゴリの記事

水仙」カテゴリの記事