« 野菜が寒い | トップページ | ロミエウクシーの今 »

2009年3月29日 (日)

勝つためのプロ

103 お晩!

 ところで、どうですこの記事のタイトル、カッコいいだら?
 それで、今日はフィギュアの世界選手権の女子フリーであったが、午前中は教会に「缶詰め」で、リアルタイムで結果を見れなかった(ラ抜き)ので、いっそのこと結果は夜のテレビ放送まで待とうと考え、一切のネットとテレビニュースを封印したんです。

 結果的に、浅田マオは予想外の4位であった。
 その代わりアンディーが(安藤ミキが)、やりました。
 しかしながら、全体的に構成点が出過ぎですかね!
 キムヨナは、昨日のSPとかも点数出過ぎと思ったが、まあ他の選手も出過ぎだし、一応フリップには「!」が付いたので、まあ良しとします。

 あと、キムヨナの最後のスピンが無効になった件だけど、3つのうち1つは「単一姿勢」、1つは「フライングスピン」が必要なので、このルールに引っ掛かったと思われます! 最初にフライングシットスピンをやっているので、2つめと3つめのどちらかを単一姿勢またはフライング入りにすればオッケーの筈

-----------------------------------------------

 それにしても浅田マオは、ジャンプの失敗だけでなく、スピンとスパイラルのレベルの「取りこぼし」が多過ぎますね。45秒もステップ踏まなくていいから、スパイラルを3秒しっかり保持してほしい!
 あと、昔佐藤床が「芸術的なプロと勝つためのプロは違う」と申していたが、浅田マオのコーチ陣はこの発言を肝に銘じる必要があります。

 てか、あの「月の光」とか、全然芸術的とは思えないー!!

 前にも書いた通り、ドビュッシーは「ピアノの画家」なのであって、「月の光」はピアノでしか奏し得ない曲なのです!
 「芸術の国」ロシアのコーチが、あのような安っぽいアレンジを使用してはいけません。

 まあ今回の結果は、今後の為には、良かったかもしれませんね!

 ファンが本当に見たいのは、ステップからのトリプルアクセルとか、45秒ステップでは、ないのですよ。

------------------------------------------------

Dutch_iris_080419 ところで表彰式の花束だけど、ダッチアイリスですかね?
 この花を大量に束ねてこのようなセレモニーに使用するとは大変斬新なアイデアであって、「センス」があります! (変な日本語)

 なにしろ、表彰式の花とかに着目してしまうのは、ガーデナーなら当然のことなのだ。

 バーなら

 ※画像は畑のダッチアイリス 2008年4月19日撮影

|

« 野菜が寒い | トップページ | ロミエウクシーの今 »