« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

ダリアが、少し。(2)

 お晩!

 ところで先日モーシ述べた通り、畑の秋ダリアが大失敗で少ししか咲いていないが、まあ少しは咲いているので、見てほしい。

Fidalgo_blacky_091023Kan_u_091031Kazusa_shiranami_091024 *

*

*

*
*

 ↑左から、フィダルゴブラッキー関羽上総白波

Kyoemaki_091023Malcoms_white_091031Murakingyo_091023 *

*

*

*
*

 ↑京絵巻マルコムズホワイト群金魚

Snowball_091023Wandas_capella_091024 *

*

*

*
*

 ↑スノーボールワンダスカペラ

 以上、10/23~10/31撮影だ。

 バーなら

|

2009年10月28日 (水)

日経はネ申 (2)

Nikkei_091027  お晩!

 ところで日経の原真子記者がまたまた、やりました。
 ←これは昨日、某巨大掲示板で拾った、新聞記事のスキャン画像だけど、大変良い記事だ。(※ポップアップウインドウだと下の方が読めないので、一旦保存するか、右クリック→新しいウインドウで開いてください!)

 浅田真央の不振の原因の一つはプログラム構成にあると指摘し、タラソワの「やり方」のことキッパリと批判しております!
 ついでにキムヨナのフリー演技のこと、審判談という形ではあるが「中身がスカスカ」と書いております!

 やるジャン?
 まさしくネ申と、いえましょう。

 そして、得点に結びつかない長時間ステップや、3回のトリプルアクセルについても指摘しておりますね。

 しかしながら、トリプルアクセルについては、固執しているというよりは、もう跳ばざるを得ない状況なのでは、ないか?
 なぜなら、アクセルの次に難しいルッツは踏み切りのエッジに不安があるし、3回転+3回転のコンビネーションは回転不足を取られるし、サルコウは苦手だし、ルールが厳しくなって持ち技が限られてきて、結局トリプルアクセルに頼らざるを得ない。それが実情なのでは、ないか?
 そんな気がする…

 それにしてもタラソワは、エキシビションでは良いプログラムを作るのに、なんで勝負を賭けた本番のプログラムが、アレなんですかね?
 ラフマニノフの「鐘」って知らない曲だったからよく分からなかったけど、ピアノの原曲と聴き比べてみると、酷いアレンジですね! トリノ五輪のシーズンに荒川静香にプロデュースした「幻想即興曲」も酷かったけど、まっことタラソワの「センス」が理解できないー!!
 俺だったら、ショートプログラムはショパンの「舟歌」、フリーは同じくショパンの「バラード第四番」を、プロデュースしますね。
 タラソワの旦那はチャイコフスキーコンクールのチャンピオンで有名なピアニストらしいけど、何か言ってやれよ

 しかも曲に関しては、タラソワが「変えてもいいぜ」みたいに言ったらしいけど、浅田真央は断ったみたいですね。↓
 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/winter/skate/figure/text/200910270006-spnavi.html

 意固地になっているのでしょうか!
 このまま五輪でも台落ちなんて事になったらタラソワの評価もガタ落ちだし、正直タラソワの方も辞めたいんじゃないですかね?

 本当に、どうなることやら

 バーなら

|

2009年10月27日 (火)

祝☆77777HIT/ストック&金魚草の「今」

 お晩!

 ところで昨日の夜・10時52分37秒に「ほうれんそうの間」に来てくださいました、MacOS-Xの方!

 おめでとうございます、77,777番目の、お客様で御座います。
 本当に、本当におめでとう御座いましたー!!
 ※特にお土産などは、ありません。

---------------------------------------------------

Kingyoso_091027aKingyoso_091027b ところでさっき、金魚草の植替えを、しました。部屋の中で、新聞紙を敷いて行なったのだ。
 それで、ピートバンからプラグに移植するという方法を採用したのであるが、普通ならポットに移植しますね。しかしながら、寒さが厳しくなる前に畑に定植するとなると、ポットだと大きすぎて根鉢を形成するには時間が足りません。
 それでプラグに移植したのだ。
 11月21日が、定植予定日だ。

Kingyoso_091010_24 ちなみに品種は、サカタさんの高性F1系混合だ。
 それで、タネは大変細かくて、発芽直後の芽も小さくて、本当にこんなんでうまく育つのか!? と心配していたが、大丈夫であった。丈夫なもんよ。
 あと、赤っぽい苗と、緑の苗がありまして、将来の花色を示唆しているから、間引きや移植の際には、便利。
 それで、70本ほど移植可能な苗が出来たが、定植する場所も無いから、40本だけを厳選しまして、残り30本は断腸の思いで、捨てました。

Stock_091017 続きまして、ストックのカルテット・ミックスであるが、こちらは10月17日に「プラグ上げ」しました。
 最初からプラグに蒔けば良かったのだけど、八重鑑別が必要なので、育苗箱に蒔いたんですネ。それでわざわざプラグに移植するという面倒なことしました。
 ←画像のように、トレーに土を詰めた後、割り箸で穴を開けまして、1本1本にバラした苗をズボッ!ズボッ!と埋め込んだのだ。
 それで問題の八重鑑別だけど、結局よくワーラなかったから、子葉の大きい順に、48本を残しました。発芽した苗は全部で85本であった。

Stock_091024 ←10月24日のようす。
 11月の7日頃には畑に定植できますかね

 バーなら

|

2009年10月25日 (日)

コーチを変えろ (2)

 お晩!

 ところでフィギュアのグランプリシリーズ・ロシア大会ですけれども。
 浅田真央は、gdgd(グダグダ)であった…
 もう、ここまでgdgdだと、ライバル・キムヨナ陣営も、同情しているのではないか?
 っちゅ~か、もう打倒キムヨナどころではない、今回の出来だと全日本選手権で五輪代表枠に入るのも危ない。

 やはりコーチを変えるべきでは、ないか?

Wwwdotuporg301163 丁度、某巨大掲示板で拾った新聞記事がありますけど~
 この記事で、わざわざ「この時期に、コーチの変更は有り得ません」と書いてあるところを見ると、山田満知子コーチにも「そういう話」が来ているんですかね
 是非やっていただきたい。
 伊藤みどりもジャンプ見てやれよ

 個人的には、渡部絵美とか、いいと思うんですけど!
 本人も真央の大ファンみたいだし~
 名曲「クリスタルファンタジー」を、浅田真央に滑らせてみたら、どうですかね!
 素敵ですよ?

 まあ、無理ですかね

 真央本人は、コーチどころか、曲を変えるつもりも無いみたい。
   ↓
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20091025-OYT1T00751.htm

 ショートプログラムの曲をエキシビションの「カプリース」に変えるという記事があって、期待していたんですけれども…
 ショートが「カプリース」なら、フリーの「鐘」も映えるし、バランス的にいい感じだと思うんですけどね~

 まあ、本人のやりたいようにやるしか、無いんですけれども。
 もう本人の「意地」に期待するしか、無い。
 しかしながら、プログラムの手直しは考えてほしい!
 今回はショートプログラムで、2つの問題が露呈しました。

【問題その1】
 最初のトリプルアクセルが失敗して2回転半で下りてしまったので、その後の必須要素のダブルアクセルがノーカウントになりました。ショートプログラムでは同じジャンプを2度跳んではいけないのだ。
 冒頭のトリプルアクセルで失敗した場合のリカバリー対策が、何も為されていない事が露呈しました。

【問題その2】
 タイムオーバーで「減点1」を取られました。フィニッシュはほぼ音楽と同時に終了したのに、何故か?
 よく見ると、最初に動き出す時に、フランス杯では5回目の「♪ズンチャッチャ」で動き出しているが、今回は4回目で動き出していました。「フライング」してしまったのだ。
 逆に言うと、2分50秒(制限時間)ギリギリの演技構成であって、焦ってフライングしたり、最後が少しでも遅れたらタイムオーバーを取られてしまうのだ。
 如何なものか?
 2~3秒は余裕のある構成にした方がいいんでないの?
 タラソワよ。

 あと、フリーでも相変わらずフィニッシュが音楽から遅れるし~ 何度も言うけど、最後が音楽から遅れると観客も拍手し損ないますよ?
 そこは大事なんです!

 あと、あの45秒ステップ(笑)
 何度も申しますが、レベル4が取れるなら、話は別です!
 でもレベル3しか取れないなら、30秒くらいで切り上げて、余った15秒をジャンプやスピンや振付に使ってほしい!!

 マジ頼むわ

 バーなら

|

2009年10月23日 (金)

斬新な(笑)墓花

091017c お晩!

 ところで←この画像だけど、先日・10月17日(土)に撮影しました、墓花だ。
 畑の孔雀アスターと、ユーパトリウム・グリーンフェザーの穂を組み合わせたのだ。

 どうです、斬新だら?
 全然?

091017f 残念ながら、背景の墓石と色が被っていて、いまいち鮮明に撮れてないんだけど、実物は渋さと「ゴージャスさ」と秋のフン囲気をカモし出す、他所様では決して見られない斬新なアレンジメントなんだぜ。

 本来なら、このユーパトリウムグリンフェザーは、初夏~夏の美しいグリンの葉を用いると良いのだけど、ぼやぼやしていたらアッという間に秋になってしまって、穂が出ちゃったんだよね~
 それで今年は諦めていたが、ふと閃いて、穂をアレンジに使ってみたのだ。

Eupatrium_greem_feather_091017 ←畑のユーパトリウム・グリンフェザー
 (左奥・10月17日撮影)

 丈は2m以上、ある。
 ちなみに「何かアレンジに使える添え葉がほしい!!」という俺のリクに応えて、マブのしばぞうさんが送ってくれたんです。

 初夏~夏の葉は観賞用のアスパラみたく、繊細で大変美しい。

---------------------------------------------

091017d ところで墓場の日々草・ベラノブルーですけれども。

 あまり元気が無い…

 秋には爆発するかと期待していたが、結局9月下旬のお彼岸の頃が、ピークでしたかね。
 花数も少ないし、色が白っぽく抜けとるし、葉っぱも黄色っぽくて元気がない。
 肥料不足か、はたまた根腐れか?

091017e091017g 中には枯れてしまった株も、ございました…
 やっぱ根腐れですかね?

 日々草は過湿に弱いらしいけど、墓場はあまり水はけが良くないから…
 来年も植えるのなら、ミリオンをたっぷり漉き込みますかね。

 …っつーか、来年も、やるの?

 まあ、その時考えるでしょう。

 バーなら

|

2009年10月20日 (火)

ダリアが、少し。

 お晩!

 ところで畑のダリアですけれども。
 今年の秋ダリアは大失敗で、少ししか咲いておりません… でもまあ、少しは咲いているから、先日・10月17日(土)に撮影しました画像を貼りますので、見てほしい。

Kyoemaki_091017Koinonia_091017Nacht_gult_091017 *

*

*

*
*

 ↑左から京絵巻コイノニアナハトグルート

Peachesncream_091017Red_star_091017Shukuka_091017 *

*

*

*
*

 ↑ピーチズンクリームレッドスター祝歌

 ちなみに、京絵巻の葉っぱがテカテカして巻いているのはホコリダニの害だ。ダニにはコロマイトまたはダニ太郎がよく効きます!

 バーなら

|

2009年10月18日 (日)

コーチを変えろ

  お晩!

 ところでこの週末は、フィギュアのグランプリシリーズ・フランス大会で浅田真央vsキムヨナが見れる(ラ抜き)ので大変たのしみにしていたが、36.04点の大差で敗れるという、残念な結果となりました。
 36点差というと、トリプルアクセル(基礎点8.2)をあと4回跳んでも追いつきませんよ?

 話にならない。

 フリーは浅田真央も「そこそこ」の出来だったのに、そんなに点差がつきますかね? 疑問が残る。

 それにしてもシーズン初戦なのに、キムヨナのあの完成度は、ナンですか。「必死さ」が、全然ありません。

 なんですかね、あの余裕は?

 なんか、浅田真央が一生懸命顔芸して頑張っているのがアホらしく感じる。キムヨナは既に、わざとらしい顔芸からは卒業して、違う「ステージ」に進んでしまったのでしょうかね? そんな気がする…

 シーズンが始まる前は、まだまだ浅田真央の方が実力は上だと思っていたが、なんか置いていかれた感じ…
 ジャンプの難度とか、スピンやスパイラルのバリエーションとか柔軟性とか、音感とか動きの綺麗さとか、全部浅田真央の方が上だと思うけど、何が違うんですかね?

 やっぱコーチですかね!

 今シーズンのキムヨナは珍しくジャンプ構成を変えてきたし、フリップジャンプのエッジ矯正にも取り組んでいたから、結構神経質になっているだろうと思ったけど、全然関係なかったですね、3ルッツ+3トウループも完璧だし、フリップのエッジ矯正も問題ありませんでした。

 あと、今回のプログラムは最後のポーズも余裕で音楽に合わせていますね! コーチのブライアン・オーサーがそのように指導しているのでしょうかね。確かに、007の最後の「バキューン」が音楽から遅れたら、カッコつかない。
 それに対して浅田真央は、先般のジャパンオープンでも、今回も、フィニッシュが音楽から遅れました。

 最後のポーズが音楽から遅れると、観客も拍手し損ないますよ? 構成点にも影響するに違いありません。
 なぜタラソワは、あのような余裕の無いプログラムを組むんでしょうかね? ステップも、計ってみたら去年と同じで約45秒だし~、結局レベル4は取れないし~

 今回のステップの得点は、ショートプログラムは同点、フリーはむしろキムヨナが浅田真央を0.1点上回りました。

 もういい加減、ステップに45秒も使うのやめたら?
 その分、ジャンプやスピンや振付に使ってほしい!

 っつーか、もうタラソワやめたら?
 いっそ山田満知子コーチに戻ったら、どうですかね。まあコーチの変更はともかく、プログラムの変更は考えてほしい。
 誰か、本人やコーチに進言する関係者は居ないんですかね!
 ロシア大会が終わったら、ファイナルまで少し時間があるし、頼むからよーく考えてほしい!!

-----------------------------------------

 ★今回はさすがに辛口の報道が多い

 http://www.jiji.com/jc/v2?id=2009figure001france_03
 http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20091018057.html

>>海外メディアからは、ジャンプが決まらないと見栄えがしないフリーの選曲を疑問視するような質問まで飛んだ。

 ↑この質問にタラソワはどう答えたのか知りたいですね

 バーなら

Himawari_091018 ←浅田真央に贈られた巨大ひまわり

 ※地デジ画面をデジカメで撮影(笑)

|

2009年10月17日 (土)

スイートピーのタネ蒔き

Sweet_pea_091017a お晩!

 ところで今日、スイートピーのタネを、蒔きました。サカタさんのスーパー・ミックスと、ロイヤル・ミックスだ。
 畑に直播きしたのだ。
 それで、タネ蒔きに先がけまして、タネを一晩吸水させようと考え、マヨネーズ瓶に水道水を注ぎまして、タネを「ちゃっぽーん」と投入したのだ。

Sweet_pea_091017b しかしながら、タネ袋をよく見たら!
 「急に吸水させると発芽が悪くなりますので、…翌日から水やりします」だと。

 なにそれ…
 アネモネやラナンキュラスじゃあるまいし~
 スイートピーといえば、蒔く前に一晩水に漬けて膨らんだタネを蒔くのが常識なのでは、なかったのか?

 サカタさんマジですか?

 それで慌てて瓶からタネを取り出しまして、ティッシュで水気を拭き取ったのだけど、こんなハンパな事したら余計に発芽率が悪くなるワイと思って、結局水に漬け直したのだ。

Sweet_pea_091017c それでネットで調べてみたけど、やっぱスイートピーのタネを蒔く時は「一晩吸水させろ」と、どのサイトにも書いてある。そればかりか、「タネが膨らまない場合はヤスリで傷を付けましょう」とか書いてある。

 本当に、どっちが正しいんでしょうかね?
 でも、天下のサカタさんが仰るのだから、サカタさんが正しいのでしょうけど~
 しかしながら、今まで何度かスイートピーを蒔いてきたけど、必ず吸水させてましたけどね? それでちゃんと発芽しましたよ?
 発芽率までは、調べてないですけどね。

 まあともかく、スイートピーを育てるのは2006-2007シーズン以来なので、来年の春が、楽しみです!

 バーなら

|

2009年10月16日 (金)

はじめてのストック☆たのしい八重鑑別

-----------------------------------------------
 この記事では各色混合のタネを蒔いて八重鑑別を試み
ましたが、はっきり言って無理があります!
 色(品種)によって、子葉の形や色が微妙に違うからです。
 八重鑑別するには、色別のタネを買いましょう。

 ※2010年の八重鑑別
 http://paulo-ei.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/2010-5633.html
 ※2010年のタネ蒔き
 http://paulo-ei.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-346a.html

                     2010年12月23日 追記
-----------------------------------------------

Stock_091015 お晩!

 ところで10月1日にタネ蒔きしました、ストックのカルテット・ミックスの発芽が揃いまして、本葉も見えてきた。
 そろそろ八重鑑別の時が、やって来たのだ。

 ここで、「八重鑑別」とは、ストックは八重と一重の花が半々の確率で出現するので、華やかな八重の花だけを残すため、双葉の形状によって、八重の花のみを鑑別して残す。
 それが「八重鑑別」なのだ。

 それで、サカタさんの「園芸通信」によると、葉が小さく色が濃く初期生育が遅いのが一重。葉が大きめで色薄めなのが八重だとか!

 しかしながら、↑の画像(10/15撮影)だと、いまいち良くワーラない… 一応、×印が一重、○印が八重と鑑定したが、印が無いのは「審議中」だ。まあ、あまり苗を沢山作っても植え場所が足りないから、葉がデカい順番に32株を残す作戦に出るでしょう。

 ※ストックの八重鑑別については、↓このサイトを参考にしました
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~hyakusyo/akihuyuyasai/sutokkusaibai.html

Kingyoso_091015 ストックと同じ10月1日にタネ蒔きした金魚草(高性F1系混合)。発芽した当初はマジ小さくて頼りない感じであったが、だいぶしっかりしてきて、一安心だ。
 既に葉の色が緑のと赤っぽいヤツに分かれているが、緑は白&黄花、赤っぽいのは桃&赤が、咲くんでしょうかね? 各色バランスよく咲かすために、間引きの際には注意しなきゃね。(Y一朗風に)

Kasumiso_091012Me_091015 ←その他、育苗中の苗。
 左が大輪かすみ草(10/12撮影)で、右はゴデチャと菜花と花菱草だ(10/15撮影)。
 かすみ草は今は間引きしまして、1本立ちにしてある。しかしながら、プラグに蒔けばよかったのに、何故か2号ポットに蒔いちゃったんだよね。
 後の祭りですけれども!
 花菱草は発芽がやや遅くて、発芽まで6日かかりました。

Hanabishiso_091016 ←花菱草の芽。
 子葉が二股に分かれていて、めんこい。

*

*

*

 それでここ2、3年、畑がイノシシにやられまして、秋蒔き草花は「ご無沙汰」であったが、今年は防獣ネットが効いたのでしょうか、ここの所イノシシの害が、ありません。ですので、張り切っていろいろなタネを蒔いております!
 そして来年の春は、久々にいろいろな花が畑で見られるのではないかと考え、今から楽しみでなりません。

【今年の秋蒔き草花リスト】
・カンパニュラ・メジウム(メイ) 8/8播種、10/4畑に定植
・ストック・カルテットミックス 10/1播種 10/4発芽
・金魚草 高性F1混合 10/1播種 10/6発芽
・かすみ草 コベントガーデン 10/4播種、10/9発芽
・花菱草 バレリーナ 10/7播種、10/13発芽
・ゴデチャ ジューンミックス 10/7播種、10/11発芽
・クリサンセマム スノーランド 10/17播種予定(墓場用)
・スイートピー ロイヤル&スーパーMIX 10/17播種予定

 バーなら

|

2009年10月12日 (月)

畑の今 ~たのしい3連休~

 お晩!

 ところでこの3連休だけど、毎日畑に参りまして、花菖蒲を植え替えたり、耕運機でドンドン耕したりしまして、毎日天気も良くて、大変充実した3連休であった。

Hanashobu_091011 乾燥地から湿地に植え替えた花菖蒲。本当は花の後に植え替えるのが常識なんですけど~、台風の後で土がヤーラかかったし(柔らかかったし)、前から整理したかったので、エイヤで植え替えたのだ。

 しかしながら、こんな時期に植え替えてしまって、来年の花は、無理でしょうね!
 10年前に永沢寺で買い求めた銘花・水玉星ですとか碧海なども含まれていますので、この湿地で元気に育つと良いのですけれども。

Aster_091011 孔雀アスターのアスティ・シリーズが
 美しい。

*

*

*

Molineux_091010 畑に下ろしたイングリ・ローズのモリニュー
 かなりショぼいが、美しい。

*

*

*

Eupatrium_greem_feather_091010 しばぞうさんから頂戴しました、
 ユーパトリウム・グリーンフェザー

 丈2mを越えまして、畑のシンボルに…
 台風18号で傾いたが、持ち堪えたのだ。

*
*

Shichu_rack_091011 支柱がギョーさん増えまして、
 畑のあちこちに散乱して邪魔なので
 粗末な「支柱ラック」をこしらえたのだ。

 それにしても粗末すぎますかね!

 背後の大根畑も、順調だ。
*

Majo_091012 ニンニクを植える魔女。

  バーなら

|

2009年10月11日 (日)

ポトスがたくさん

Potos_091010 お晩!

 ところで部屋のポトスが長いこと放置で、蔓がだらしなく「間延び」しておりましたので、先月・9月12日に処分しまして、蔓を←画像のように「水挿し」しておいたのだ。

 それで、根っこが充分に伸びて参りましたので、昨日3号ポットに植え替えたんです。
 そしたら沢山出来ちゃって…

Potos_091011aPotos_091011b 3号ポットに13鉢と、100均のテラ鉢1つ。こんなに増やしてどーすんの?
 「捨てる喜び」とか言っていたのに、矛盾していますね!
 でもなんか、やっぱ気の毒で捨てられないんですよね~

 それに、このようにポットを並べておくと、花屋さんになったみたいで嬉しくなります!

 まあ、ポトスは手間が掛かからんし、部屋の彩りに、まあ、いいかな~と…

 バーなら

|

2009年10月10日 (土)

畑のダリアが、ショぼいです!

Ryoshu_091010 お晩!

 ところで今日畑に行ったら、やっぱ台風18号の被害は殆ど無くて、やけに木の葉が散らばっていたが、花とか野菜は殆ど大丈夫であった。

 ところで←この画像だけど、畑の超巨大輪ダリア・超巨涼秋もどきだ。
 まだこんなに小さい…
 これでは霜が降りるまでに、到底咲けない。
 今年はもう、ダメだぁ~

 それで、今年は8月に入っても全然梅雨が明けなくて、真夏でもダリアが元気だったから、バッサー(激しい夏剪定)のタイミングが遅れちゃったんですよね~ それでお盆明けにバッサーしたものだから…
 しかも切り口から枯れ込む株が多くて、この、按配。
 ですので、梅雨明けが遅れた場合は、バッサーの仕方を考えなくちゃね。(Y一朗風に)

 それでは、ポツポツと咲いているダリアを以下に紹介するでしょう。

Fidalgo_blacky_091010Misho_091003Misho_091003b *

*

*

*
*

 ↑フィダルゴブラッキーと実生こぼれ種ダリア

Nacht_gult_091010Shukuka_091010Snowball_091010 *

*

*

*
*

 ↑左からナハトグルート祝歌スノーボール
 ナハトグルートはダリアの中では極早生で、剪定しても次々脇芽が伸びて咲くダリアの優等生だ。

 バーなら

|

2009年10月 9日 (金)

捨てる喜び (2)

 お晩!

 ところで台風18号ですけれども。
 10月としては最大級とかで、殆ど直撃だから覚悟していたけど、それ程でもありませんでした。まだ畑には行っていないが、魔女の報告によると、たいした被害も無かった模様だ。

 ところで、今日は!
 月に1度の、不燃&粗大ごみの日です!!
 それで、粗大ごみ2点と、不燃ごみ2袋を、出しました。

【今日捨てたごみ】
 ・石油ファンヒーター
 ・粗末なフラワースタンド
 ・ワープロ×2台
 ・素焼き鉢、いろいろなケーブル、ワイングラス、その他

090922 ←今日捨てました、粗末で薄汚いフラワースタンド。もう10年ほど前になりますか、三貴フラワーセンターで買ったのだ。
 それで最近は、なるべく鉢植えも増やさないようにして、枯れたヤツはドンドン捨てて、枯れてなくてもドンドン捨てるように、しております。
 あまりデカい声では言えないが、ク○マ○スとか、つい2、3年前には「血まなこ」になっていろいろ買い漁っていたのに、いざ育ててみると、あまり上手に出来なくて、蔓も絡まって厄介だから、捨てちゃったんですよね~

 俺って飽きっぽいですかね!

 しかしながら鉢が少しずつ減って、この粗末な花台も無くなって、随分スッキリしました~
 それで、今のところ、捨ててしまって後悔したモノは、無い。それより、スペースが空いてスッキリした喜び! の方が、大きいね。

 あと、写真の花台に乗っている超みすぼらしい鉢植えに関しては、あまり追求しないでほしいのだけど、ミヤマトリカブトだ。もう10年近く前になりますか、信州を旅した時に、ナントカいう山野草の店で買ったのだ。
 しかしながら、全然カッコ良く育たなくて…
 一応毎年花を付けるんですけどね。
 しかしながら、やっぱトリカブトは、捨てれない。(ラ抜き) なんだかんだで、捨てれないモノが多すぎるのだ。

 俺の理想をモーシ述べると、部屋にはピアノとパソコンとお気に入りの鉢植えが1つだけ!
 …みたいなのが理想なんですけどね。
 考えただけで、ウットリします!

 まあ、無理ですけどね。
 しかしながら、一歩でも理想に近づきたいから、今後も月に1度の不燃&粗大ごみの日を活用して、ドンドン捨ててゆきたい。

 そうです、「片付ける」のではなく、「捨てる」のだ。
 「何もモノが無い」、これこそが究極の整理整頓・なのです…

 バーなら

|

2009年10月 6日 (火)

捨てる喜び

090921_091016 お晩!

 ところで←この画像だけど、ウチの物置と化している四畳半だ。長いこと足の踏み場も無い状態であったが、休みの日などを活用しまして、不要なモノをドンドン捨てたりしまして、随分と片付いてきた。

 しかしながら、いざとなるとなかなか捨てれない(ラ抜き)モノもあるし、捨てようと思っても不燃ごみの日が月に1回しか無かったりとかして、なかなか片付かないし、オークションとかで売るのも面倒だし、思うように、捗(はかど)らない。

 それに、清水家代々伝わる書籍やらガラクタがいろいろ俺に押し付けられていて、勝手に捨てて良いかもワーラないし、もう本当に困っている。それで、片付けの際に出てきた様々な不用品を今ここに紹介するでしょう。

090921a←弟のKウが残していった花火セット
 もう10年前になりますか。
 このままだと燃えるゴミにも出せないし、本当に困る。捨てるくらいならベランダで花火を楽しもうかとも考えたが、結構激しい花火が多いので、それも無理だ。
 それで、水に浸して火薬をダメにして、燃えるゴミに出したのだ。

090921b←引越し以来、長らく開けていなかった段ボールを開けてみたら、賞味期限が10年以上過ぎたふりかけやら乾わかめ等がジャンジャン出てきたのだ。

 迷わず捨てました。

 あと、薄汚い弁当箱なども、捨てました。

090921c090921d*

*
*

←↑こういうのも困るんだよね~
 いつ何処で貰ったのか全く記憶に無い。気の毒だがフォークを数本残して捨てました。

090921e ←学生時代に買った本も
 捨てようかしら?(リッキーさん風に)

*

*

*

090921f←なぜか洗剤が沢山ある…
 伊藤みどりが表紙のニューズウィークは、
 捨てれない。(ラ抜き)

*

*
*

090921g←清水家代々伝わる書籍やらアルバム。
 こういうのも困る。
 しかしながら「ウルトラ怪獣入門」は、
 絶対に捨てれない。(ラ抜き)

090921h090921i ←「ウルトラ怪獣入門」の表紙と中身。
 これは大変貴重な書物だ。「チブル星人vsクール星人」だぜ? 「知能指数は5万」だぜ?

 絶対に捨てれない。(ラ抜き)

 しかしながら、なんだかんだで捨てれない(ラ抜き)モノが、多過ぎますね。もっとジャンジャン捨てて、身軽になりたいんですけどね。
 そして、学生時代に富山の「太平荘」で暮らしていた頃みたく、四畳半一間に「すべて」が収まる生活が、俺の目標だ。

 バーなら

|

2009年10月 3日 (土)

秋のジャンゴ花 (2)

 お晩!

 ところで昨日掲載しました畑の孔雀アスターの写真がショぼかったので、今日撮ったやつを改めて掲載するでしょう。

Aster_091003aAster_091003bAster_091003c *

*

*

*
*

 バーなら

|

浅田真央が、いまひとつ

 お晩!

 ところで今日は、フィギュアのジャパンオープンです!!
 それで、浅田マオの新プログラム・「鐘」がはじめて見れる(ラ抜き)ので大変期待していたが、出来は「いまひとつ」であった。

04 ←ジャッジの前で顔芸を見せる浅田真央

*
*

 それで、トリプルアクセルが2回とも失敗で、サルコウが1回転で102点台しか出なくて、レピストにも負けてしまいました。
 たぶん他にも回転不足判定が、あったのであろう。
 あと、ルッツは今シーズンも入れないんでしょうかね? あの構成では、ルッツを入れる場所は無さそうだ。
 それで、原曲に忠実なピアノ版を希望していたけど、残念ながらオーケストラ版であった… まあ広いリンクでピアノ版は映えないから仕方ないとして、しかしながら一本調子でメリハリが無い気がする…

 とにかくジャンプが決まらないと、バンクーバーは金どころか、表彰台も危ないのでは、ないか?
 しかしながら、珍しく「顔芸」が見れた(ラ抜き)ので、その辺は進歩しましたかね!
 本当は「顔芸」とか必要ない、もっと浅田マオに合ったプロを滑ってくれたら一番良いのですけれども。
 あと、ジャンプの助走も短くなりました。
 繋ぎにも「工夫」があります。(八木沼純子風に)

 しかしながら、要素(ジャンプとかスピンとか)の配置が昨シーズンと全く同じだから、いろいろ工夫はあるけど、いまいち代わり映えしないような… 特に最後にストレートライン~コンボスピンで、リンクの隅っこで終わる構成なのが個人的に残念ですかね!
 やっぱ最後は、なるべくリンクの中央でお行儀良く締めてほしいですね。

02 あと、中野ユキャリだけど、←この衣装はナンですか。これでは「火の鳥」ではなくて、ただの「火」だ。
 しかしながら、←この、両手を後ろに伸ばして、スピードスケートみたく滑る所がツボだ。

03 ←トリプルアクセルを跳ぶ前、ジャッジにメンチ切る中野ユキャリ

 バーなら

|

2009年10月 2日 (金)

秋のジャンゴ花

 お晩!

 ところで今日は、先日・9月26日に撮影しました、畑のジャンゴ花を、載せるでしょう。

Golden_pyramid_090926aGolden_pyramid_090926b ジャンゴの優等生
 ゴールデンピラミッド

 この中途半端な
 「ジャンゴ縛り」を見れ!

*
*

Mottenohoka_090926 食用菊もってのほかも咲き初めております
 今年もイノシシに掘られたので、
 ショぼいです!

*

*
*

Aster_090926aAster_090926b_2 孔雀アスターも、咲きはじめました、左は早咲きの一重タイプ、右は八重のアスティ・シリーズだ。

 軍配虫とうどんこ病に弱いのが、難点だ。定期的なオルトラン&サプロール(等)の散布が、欠かせない。ちょっと油断すると、軍配虫の排泄物とうどん粉で、葉っぱが茶色と白の「だんだら模様」になっちまう。
 切花としての価値が、台無しだ。

 バーなら

|

2009年10月 1日 (木)

はじめてのストック&金魚草

 お晩!

 ところで今朝、ストックと金魚草のタネを、蒔きました。
 どちらも「はじめて」だ。

Stock_091001Kingyoso_091001 *

*

*

 それで、ストックはサカタさんのカルテットで、スプレー咲きになるタイプ。金魚草はサカタさんの、適当な一本立ちのミックスだ。

Tane_091001 ←左がストックで、右が金魚草だ。
 金魚草はたいへん細かい。
 それで、金魚草はピートバンに、ストックは育苗箱に、蒔きました。
 それで、ストックは八重と一重の花が半々に出るらしいけど、一重の花は、みすぼらC。それで、豪華な八重の花のみを選別するために、双葉の段階で「八重鑑定」をする必要があります。
 双葉のデカさ、色の濃さ、形、生育の早い遅いなどで、判別するらしいのだけど、俺に出来るでしょうかね?

 でも、がんばる。

 あと、もう少し早く蒔いた方が、良かったですかね!
 本当は夏蒔きして、年末年始の切花用に育てようかと思ったが、まあ大変なので、おとなしく秋蒔きにしたんです。
 来年の春が、たのしみだ。

 バーなら

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »