« 大胆予想 | トップページ | 大爆発 »

2010年2月24日 (水)

勤務時間中にナマ放送を見る会

News100224 お晩!

 ところで今日は、バンクーバーの、フィギュア女子ショートプログラムです!
 それで、お昼休みを少し過ぎておりましたが、会社の休憩室で、キムヨナの得点が出るまで、W課長と二人でこっそりテレビを拝見しておりました。

 社長や専務には、内緒です!

--------------------------------------------

Maoasada100224b それで、浅田真央は、今シーズンで最も良い出来で、73.78の高得点。
 これはいける・かと思ったが、次に滑ったキムヨナにあっさり抜かれました。
 ジャンプのGOE(加算点)で、差が出た。
 あと、演技構成点も、キムヨナとはっきり差をつけられました。

 ジャッジの「格付け」は、やはり キムヨナ>浅田真央 なのだ。

 フリーもやはり、キムヨナのミスを待つしか、なさそうだ。
 あと、最後のスピンは、タイムオーバー対策でしょうか、レイバックをやめて、シンプルなアップライトスピンに変えましたね!
 レベル4の要件は満たしておるけど、少し物足りない

 しかしながら、ステップ以外は全部レベル4だし、ジャンプも全部決まったから、まあ良かったと思いますこれで。

Yuna100224a_2  ←浅田真央の演技の後、
 「ケッ」みたいな表情を見せるキムヨナ

 あと、アンディーは(安藤美姫は)、3回転+3回転の連続ジャンプに果敢に挑戦しましたが、回転不足判定であった。
 確かにパランスは崩したが、回転は足りてるように、見えましたけどねえ
 今回のオリンピックは、回転不足には結構甘い判定で、その代わりGOEでガッツリ減点される傾向みたいだけど、アンディーの3回転+3回転だけは、厳しく取られた感じだ。

Yuna100224b それより、アンディーの演技構成点が、随分抑えられましたね!
 3位のロシェットと、明確な差が出た。
 逆に、鈴木明子は、思ったより演技構成点が、出ました。スケート技術が 7.20 で、レピストやフラットよりも上だ。
 シーズン前半の活躍によって、ジャッジの「格付け」が、上がったんですかね!
 それだけに、最初のジャンプのミスが惜しまれる。

Maoasada100224a あと、長洲未来は、やっぱ実績が足りないのでしょうか、演技構成点が、伸びませんでした。
 平均で、10点満点の 6.69 だ。
 しかしながら技術点では4位で、30人中11番滑走で6位をキープし、フリーの最終グループに残りました。

 とにかく、あさってのフリーでは、みなさん最高の演技を、してほしいものです。(優等生のコメント)

 バーなら

|

« 大胆予想 | トップページ | 大爆発 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事