« リストのピアノ協奏曲・第一番 | トップページ | ダリアが、そこそこ »

2010年10月13日 (水)

10番目のダリア

 お晩!

 ところで、ダリアのベスト10に関しまして、メールを頂戴した人から教えて頂いたんだけど

 あなたの実生ダリアこそが、作るべき10番目のダリアです

 …と、アメリカのダリア会報誌に書いてあったそうです。
 どうです、カッコいいだら?

 じつは、2003~2004年頃に、フィダルゴブラッキー など小輪系のダリアで幾つか交配を試みたんだけど、あまり期待していた花は咲かなくて、いわゆる 駄リア だったから、処分してしまいました。

Shake071004aShake071004b それで、その後は特に交配はしてなくて、その代わり、勝手に「こぼれ種」で生えてきたダリアは、なるべく抜かずに育てるようにしている。

 その中でも最高傑作が…
 ← これです!
 ※これが最高傑作? とか言わない事。

 こぼれ種にしては珍しく中輪クラスで、丈が低く多花性。
 美しい鮭肉色が、特徴だ。
 ちなみに 2007年10月4日撮影…
 実生だと、2年目は草丈とか随分違ってくるので、とりあえず大事に育てようと思っていたけど、この翌年春、うっかり耕運機でグサっとやってしまい、そのまま黄泉の国へ旅立ってしまいました。

 アーア

 もし生きていたら、関脇・栃煌山にちなんで シャケ と名付けたであろうに、残念でならない。

Dahliamisho101010 それで、もう少し真面目に実生ダリアと向き合う必要があると考え、← このように、タネを採る作戦に出ました。
 交配は…ちょっと「やり方」に自信が無いので、まあいずれまたそのうちに…

 そして、良い花が咲いたら、坂東太郎玉飛鳥大法輪ダブル・アクセル などのカッコいい名前をつけて、世間に発表するでしょう。

 バーなら

|

« リストのピアノ協奏曲・第一番 | トップページ | ダリアが、そこそこ »

ダリアの実生」カテゴリの記事