« 2010 犬hK杯フィギュア SP | トップページ | 2010 犬hK杯フィギュア 最終日 »

2010年10月23日 (土)

2010 犬hK杯 女子フリー/男子SP

Kanakomurakami101023 お晩!

 ところで NHK杯フィギュアですけれども。
 村上佳菜子は「3コケ」で、順位を1つ下げましたが、初のシニアの大会で、3位に入りました。
 冒頭の3回転+3回転は、今日は認定されまして、加点も 1.20貰っております。SPでは、スピンは3つ全部、フリーでも2つ、レベル4を取りました。
 頑張ったんじゃないですかね。(←オッサン臭い言い方)

 ★ 結果サイト
  http://www.isuresults.com/results/gpjpn2010/index.htm
 ★ 動画
  http://www9.nhk.or.jp/figure2/

Maoasada101023aMaoasada101023bMaoasada101023c *

*

 浅田真央は、自己ワースト記録の、8位…
 しかしながら、安全運転せずに、6種類のトリプルに挑んだのは、リッパ!
 それより、SP・フリーを通じて、レベル4が1つも取れなかったのは、問題だ。プログラムを見直す必要が、あります。

 しかも、SPの「減点1」は、タイムオーバーですよ?
 測ってみたら、少なめに見ても、2分51秒ある。
 プログラムを作ったタラソワは勿論だけど、コーチ陣はいったい何処を見ているのか! なんか腹立ってきた

 あと、「愛の夢」の 「斬新な編曲」については、後日改めてモーシ述べる予定である。

Kiirakorpi101023aKiirakorpi101023bKiirakorpi101023cKiirakorpi101023dKiirakorpi101023eKiirakorpi101023f *

*

 ↑4位のキーラ・コルピ
 最近のプログラムの中では、選曲とか衣装とか、随分「まとも」で、なかなかよろしい

Carolinakostner101023aCarolinakostner101023bCarolinakostner101023c *

*

 ↑優勝したカロリーナ・コストナー
 「牧神の午後への前奏曲」はよく知らない曲だけど、なかなか良い感じのプログラムでは、ないでしょうか!
 この伊良部似のコーチ・Michael Huth については、やはりコストナーとヨリを戻したと刈屋アナが、言っていました。
 そういうとこ刈屋アナGJ。
 しかしながら「ハッス」?とか発音していたが、フースでは?

 あと、コルピはもちろん、コストナーも大胆な衣装で、実況板で人気。松本一路アナが今大会を担当したら、面白い事に、なっていたであろう。

Rachaelflatt101023 フリーでは1位のレイチェル・フラット
 ジャンプの質はいまひとつでしたが、安定感は抜群。ミスが少ない。
 このフリーの曲は、かつてウクライナのザゴロドニュークが使っていた懐かしい曲だ。(マニアックな話題)

Carolinezhang101023 随分太ったキャロライン・ジャン
 フリップジャンプで、足を降り上げる癖が直っていて驚いた。
 パールスピンを封印した件については、解説の八木沼純子は「レベルに繋がらないから」 と推測していました。
 せっかくの独創的な技が活かせないルールは、困りますね。
 しかしながら、そういう所に言及する刈屋アナGJ

Mikiando101023 アンディー(安藤美姫)と、モロゾフ

*

----------------------------------------------

Daisuketakahashi101023a 男子SPは、高橋大輔が首位に、立ちました

 ← 実況&解説陣に注目

Daisuketakahashi101023c ステップの途中で、いつの間にか曲が切り替わっている編曲が、たいへんよろしい。
*

Yuzuruhanyu101023aYuzuruhanyu101023bYuzuruhanyu101023c *

*

 ↑シニア初参戦で5位の羽生結弦
 このショートプログラムはあまり好みではないが、曲の表現の仕方とか、なかなか良いのでは、ないでしょうか!

 バーなら 

|

« 2010 犬hK杯フィギュア SP | トップページ | 2010 犬hK杯フィギュア 最終日 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事