« たのしいペリーヌ物語 (4) | トップページ | 優美 »

2010年10月 5日 (火)

斬新すぎる「愛の夢」

Maoasada101002b  お晩!

 ところで先日・10月2日のジャパンオープンで、浅田真央の新フリープログラム・リストの「愛の夢」が、披露されました。

 ★動画 http://www.youtube.com/watch?v=7srDDFkzpJI

 しかしながら、なんですか、この斬新な編曲は!
 2度目のカデンツァの後、またロ長調→ハ(ホ)長調のメロが出てきた時はブッ飛んだ。
 そして、結局「主題再現部」は無く、いきなりコーダ。

Maoasada101002c 期待していただけに、ショックがデカい…
 昨シーズンの「鐘」よりは、酷い事にはならないだろうと思っていたが、編曲に関しては、「鐘」以下・かも?
 いったい、なに考えてんですかね、ローリー (振付師) は。

 俺の推測だけど、たぶん ↓ こういう事だ。

  ①前半~中盤は、ジャンプやら何やらで忙しい。
  ②なので、後半はステップでモリ上げたい!
  ③ステップには強い音が必要。
  ④しかし「愛の夢」は、後半スローだ。
  ⑤ええい、曲の順番を変えてしまえー!!

 …いただけませんね。リストに失礼ですよ?

 あと、スパイラルやスピンの時間を稼ぐ為に、曲の一部を不自然に繰り返したりとか…

Ainoyume01_2
      ↑ ○印の部分が2回繰り返されている

 しかしながらよく見てみると、一応それなりに考えて、工夫して編曲している感じでも、ある。
 なので、このプログラムに関しては、もう少し演技をよく見てから、後日改めてモーシ述べる予定である。

Japanopen101002a あと、ジャンプ構成については、6種類全部入っているし、トリプルアクセルが後半に入っているのも、大変よろしい。

 2つめのジャンプが3回転+3回転なら、8トリプルの構成だ。今回はグダグダであったが、この構成を変えずに頑張ってほしいです!

Maoasada101002a ← ストレートラインステップで、首を上下にカクカクさせる振り付けが大変ツボ。

 バーなら

|

« たのしいペリーヌ物語 (4) | トップページ | 優美 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事