« スモモをバッサー 2011 | トップページ | ストックが災難 »

2011年2月17日 (木)

たのしいペリーヌ物語 (5)

Perrine100116a お晩!

 ところで犬hK BS2で放送されておりました「ペリーヌ物語」が、2月14日で最終回を迎えた模様です!
 俺は見てませんでしたけどね。
 当初は、録画して保存版にしようと思っていたが、映像が上下カットだし、見苦しいデジタル化のお知らせみたいなのが表示されとるし、もう録画はやめたのだ。

 相撲の中継も無くなるし、これでもうBSは解約だ。

Perrine52b ところで たのしいペリーヌ物語 (3) でモーシ述べたが、← 52話でビルフランが「讃美歌が聴こえる」というシーン。
 ペリーヌの両親はインドのカトリック教会で結婚式を挙げているので、ペリーヌもカトリックの筈だ。
 しかしながら、「讃美歌」というのはプロテスタントの言い回しであって、カトリックでは「聖歌」といいます。

 なので、ちょっち変なんだよね!

 実際、このシーンで流れる曲は、カトリックでは聞いたことの無い曲だ。
 まあ、たまたまビルフラン邸の近くの教会が、プロテスタントの教会だった・っちゅ~ことで、納得しますか!

Perrine52c それで、このシーンで流れている讃美歌が、何という歌なのかどうしても知りたくなり、しかしながらエコーが強くて歌詞が聞き取れない…
 それで、讃美歌のMIDIが聴けるサイトで片っ端から検索して調べたところ、遂に判明しました!!

 この曲は、讃美歌97番、「朝日は昇りて」 という曲だ。

 http://www.ylw.mmtr.or.jp/~johnkoji/hymn/xmas/097.html
 ※ クイックタイムが勝手に起動しますのでご注意ください

 しかしながら、カトリックとプロテスタントが「ごっちゃ」になっている辺りが、いかにも日本人が作ったアニメって感じ?

 あれ、なんだか俺、文句が多いですかね!

 バーなら

|

« スモモをバッサー 2011 | トップページ | ストックが災難 »

たのしいアニメ」カテゴリの記事