« 鉢植え☆クロイドンエースの今 | トップページ | 千両の剪定 »

2011年7月10日 (日)

刈屋アナ、角界をメッタ斬り

Kariya110708 お晩!

 ところで今日から、大相撲の名古屋場所が、始まりましたね!
 それに先駆けまして、先週金曜日の犬hK 「時論公論」 で、刈屋アナウンサー 改め 刈屋解説委員 が、「名古屋場所で問われるもの」 と題して、相撲界をメッタ斬りにしました。

 5月に行なわれた技量審査場所は、私が見て来た この25年間では、最低レベルの相撲でした。

 では何故こうなってしまったのか?
 その背景には、力士のサラリーマン化が、あると思います。
 しかも、向上心の無い、如何に楽をして給料を貰うかを考えている、質の悪いサラリーマン化です。

 あと、名指しこそ避けましたが、5月場所でデビューした、九重部屋の明月院君のことを

 最近、ある部屋に入った学生出身力士は、本場所が再開されたら入門しますし、もし(再開)されなければ、他の会社か、教員になりますよと、話していました。
 明らかに相撲協会を、幾つかある就職先の一つと位置づけての発言です。

 …だって。 如何なものか?
 あの状況 (賭博、八百長、春場所中止 他) なら、力士か教師か迷っても、仕方ないと思いますよ?

Meigetsuin110305a それに、← 3月の新弟子検査の映像に 就職場所 とかテロップを入れたのは、何処の局ですかね?

 それで、最後に

 今回の名古屋場所、1日に最低 7、8番は、わくわくするような攻防のある相撲を見せられなければ、力士全員、髷を切るくらいの覚悟で、あさってからの名古屋場所に取り組んでほしいと思います。

 …だって。
 キミは、どう思う?

Tamaasuka110710a ところで今日の玉飛鳥ですが、舛ノ山に寄り切りで敗れて黒星発進。
 明日は武州山です、がんばれー!!

 バーなら

|

« 鉢植え☆クロイドンエースの今 | トップページ | 千両の剪定 »

玉飛鳥」カテゴリの記事