2011年12月26日 (月)

ポインセチアのブーケ

Bdcam_20111226_213640545Bdcam_20111226_213741805 お晩!

 ところでフィギュアスケートの全日本選手権。
 浅田真央と高橋大輔が優勝しまして、まあ、よかったですね!

 それで、表彰式の花束は、珍しいポインセチアのブーケであった。クリスマスでの開催を、意識したんですかね?
 冒頭の画像↑は、世界選手権代表発表のセレモニーの時のヤツだけど、サンタ帽をデザインした、風変わりなブーケだ。

 個人的に、あまり好みではないけれど!
 なかなか斬新で、よろしい。
 アップで見ると、黒バラや紫の花 (カーネーション??) も入っていて、なかなか凝っております。

Bdcam_20111225_151407637 ところで、演技の方ですが、一番印象的なのは、男子シングルで9位に入った、山田満知子コーチの秘蔵っ子・宇野昌麿選手です!
 まだ14歳で、見た目は幼いが、ラヴェルの難曲・ツィガーヌ を、カッコよく演じ切りました。

 ☆動画はこちら
 http://www.youtube.com/watch?v=5YzP3lgYnd8
  ※削除される可能性があります。

 最後の高速スピンから、ポーズをカッコ良く決めるところがツボ。
 全く音を外しませんでした。
 この、「音を外さない」 というのが大事で、ここで観客の拍手の大きさも、変わってきますよ?
 酷いフルッツなのが気になるが、この歳にして、きちんと音を捉えて演じているのが素晴らしいではありませんか!
 随分昔の話になるが、80年代のジュニア選手、カナダのマシューホールを、思い出します。

 今後も期待したいと考える。

 バーなら

| | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

浅田真央が、まずまず

 お晩!

 ところで今日から、大相撲九州場所が始まりまして~
 NHK杯フィギュアの男子フリーと放送が重なりまして~
 見るのが大変であった。

 今日は高橋大輔が優勝、
 「角界の高橋大輔」 玉飛鳥も勝って、よかったです!

 相撲のブログ も更新したので、見てくれよナ!

Bdcam_20111113_182501221_nhk ところで昨日の浅田真央ですが、
 フリーは1位で、総合では2位。
 トリプルアクセルは回避しましたが、他の5種類の三回転ジャンプを、とりあえず着氷しまして、まずまずの出来。

 特に2回転半+3回転 (2A+3T) の連続ジャンプが、
 綺麗に決まりました。
 あんなにバシっと決まったの初めて見た…かも?

 演技全体も、ドタバタ感が無くて、大変よろしい。
 まあ、「愛の夢」 の編曲は、まあ、アレだけど~
 でも昨シーズンから何度も見て、慣れてしまったー!!

 なので、編曲云々は、もう、とやかく言いません。
 あとはトリプルアクセルを含めて、完璧な「愛の夢」を、見てみたいですね。 がんばってほしい!!

 バーなら

| | コメント (0)

2011年11月11日 (金)

不自然な動き 2011

Maoasada111111a お晩!

 ところで犬hK杯フィギュアの女子ショートプログラム。
 浅田真央が、シェヘラザードを演じました。
 斬新な衣装で登場しまして~
 音楽もたのしいアレンジで、たいへんよろしい。

Maoasada111111b タラソワ時代の浅田真央の演技というと、
 要素ぎっしり詰め込みで~
 ステップがやたら長くて~
 いつも音楽に追っかけられて~
 まったく「ゆとり」が無かった。
 挙句にタイムオーバーで減点1。
 それでいて、レベルは取れない。
 最悪であった。typhoon

 でも今回は、スケート用に特別にアレンジしたんですかね?
 音楽と技の関連性が、考慮されていました。
 最初のトリプルアクセルも、失敗はしましたが、音楽による「演出」が、ありました。
 今までは曲は無視で、とにかく演技の最初に跳んでしまえ~てな感じだったから、ずいぶん進歩しました。

 レイバックスピン~最後のポーズも、余裕で決めました。
 もちろん、タイムオーバーの心配は無し。
 スピンも全部レベル4。
 いいですよ sun

Maoasada111111c ところで、エスニックな曲を使う選手は、必ず
← このような手の動きをするのだけど、
 中近東の人々は、本当にこのような不自然な動きを、するのか? 教えてほしい。

Akikosuzuki111111 鈴木明子は、3回転+3回転を見事に決めまして、この日トップに、立ちました。
 音楽もノリノリで、大変よろしい。
 ストレートラインステップは、真ん中で曲想を変えて、それに合わせて表情まで変えて、おりました。

 明日の「こうもり」も、たのしみです。

 バーなら

 【追記】
 浅田真央の「シェヘラザード」は、タラソワの振り付けだそうです。
 リサーチ不足でタラソワのことボロクソ言って、
 本当に、本当にモーシ訳ありませんでしたー!!!

| | コメント (2)

2011年8月26日 (金)

カノンが3位

 お晩!

 ところで少し前の話ですけど、皆さんは、8月12日に犬hKで放映された、名曲アルバム 35周年記念番組を、ご覧にナラレましたか!
 「あなたが選ぶ 未来に残したい名曲」 と題しまして、投票で選ばれたトップ20が、紹介されていました。

 それで、ぼんやり見ていたから、上位にどんな曲が入るか、全然思いつかなかったんだけど、3位に パッヘルベルのカノン が入りまして、「これだ!」 と思った。

 俺ならカノンを、1位にしますね。
 やっぱ1曲だけ選ぶなら、カノンだわ

 ☆ 順位はこちら ↓
 http://www.nhk.or.jp/meikyoku/square/yourselection.html

 ☆ 俺がYouTube にアップしたカノンも、聴いてください!
 http://www.youtube.com/watch?v=javpjEuVyyg

Meikyokualbum110812aMeikyokualbum110812bMeikyokualbum110812c *

*

 それで、名曲アルバムは5分番組なので、どんな曲も、5分に収めなければならない。
 この番組の中で、ディレクターとか指揮者が、苦労して編曲&演奏している様子が、紹介されました。

 俺が、ナニが、言いたいのか、もう分かりましたね

 そうです、フィギュアスケートでも、このように、きちんと、音楽的に、編曲すべきなのだ。
 ナマ演奏とはモーシませんが、編曲は、小中学校の音楽の先生でいいから、相談すべきです!
 だって、浅田真央でさえ、酷い編曲が多いから…

 俺の考えだけど、競技会では、音楽専門の審判をつけて、音楽的に明らかにおかしな編曲は、減点すべきだと思うナ♪

 バーなら

|

2011年8月12日 (金)

新しいプログラム

 お晩!

 ところで最近、相撲ばかり見ていたけど、そろそろフィギュアスケートの新しいプログラムが発表される頃じゃワイ、と思って検索したら…
 浅田真央のは、まだみたい。
 なんか、体調を崩して、お披露目は先送りとか!

 曲も、まだ発表されてないんですかね?
 いろいろ検索したけど、出てこない。
 でもまあ、今年はいい加減、タラソワと別れるだろうから、そんな酷いブログラムには、ならないと信じる。

 それで、しつこいようだけど、俺の希望をモーシ述べるならば!
 ショートプログラムは ショパンの舟歌、フリーは同じく ショパンのバラード第四番 で、お願いしたいね。

 ショパンの舟歌は、↓ こんな感じで

 バーなら

|

2011年6月26日 (日)

「♪喜びの島」 を弾こう!

 お晩!

 ところでこの度、ドビュッシーの絢爛華麗なピアノ曲、喜びの島 にチャレンジしたから、聴いてほしい。
 最後の4頁だけですけど!

 それで、この曲の楽譜は、もう20年以上前に買ったんだけど、絶対に弾けないと思っていたから、長いこと押し入れの中であった。
 しかしながら、先般、ねこふんじゃった を弾いてみて、「やればできる」ことを学んだから、今度は 喜びの島 に挑戦しようと考え、押し入れから楽譜を引っ張り出してきたのだ。

 そして、やってみたら、意外と弾けたので、うれしくなります!
 それで、中盤の、左手が5連譜になる所とか、右手でアルペジオ+左手で怪しげなメロを轢く所とか、一生かかっても弾けないかもしれないけど、この 喜びの島 を今後の ライフル・ワーク として、精進していきたいと考えている。

Lislejoyeuse ところで、この 喜びの島 は、個人的に、フィギュアスケートで演じてほしい曲のひとつ。
 楽譜 ↑ の「Q」の所で、男子ならトリプルアクセル!
 女子ならトリプル・ルッツ!
 ペアならスロー・トリプル・サルコウを、跳んでほしいですね

 バーなら

|

2011年6月16日 (木)

アダルト選手権 (笑)

 お晩!

 ところで、伊藤みどりが、フィギュアスケートの アダルト選手権 に出場するとかいうニュースが、ございました。

 http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20110602-784807.html

 それで、その結果をテレビで全然やらないから、ネットで動画を探したら、ありました。

 結果は、出場2選手(笑)中、2位。
 それで、事前のニュースでは、今でも2種類の3回転ジャンプを跳べるとの事であったが、実際には、跳びませんでした。

 【演技構成】
 1.ダブル・アクセル
 2.ダブル・トウループ
 3.足換えコンビネーションスピン
   (キャメル→前屈シット→足換え・シット)
 4.ストレートラインステップ
 5.フライング・コンビネーションスピン
   (フライングキャメル→シット→Y字)
 6.イーグル~ダブル・ループ

 Y字スピンとダブル・ループでバランスを崩したが、最初のダブル・アクセルは高さも、ありました。
 あと、前屈シットやフライングキャメルも、現役当時と変わらんし、スピードもあるように、見えました。

 なので、今後も3回転ジャンプとか復活させて、試合とかドンドン出てほしいし、テレビでもドンドン放送してほしいですね。

 バーなら

|

2011年5月 7日 (土)

2011 世界フィギュアの、感想 (笑)

 お晩!

 ところで先般、モスクワで行われました世界フィギュアスケート選手権ですけれども。
 東京で開かれなかったのは残念ですけど、日本は金1、銀1を獲得しまして、まあ良かったと思います!

Kavaguchi ロシアのペア、川口・スミルノフ組
 失敗があって不本意な成績でしたが、ドビュッシーの「月の光」を、全く編曲せずに、そのまま使用したプログラムが大変秀逸。
 「月の光」はフィギュアでよく使われる曲であるが、オーケストラ編曲が多くて、いつも不満に思っておりました。
 「月の光」は、「ピアノの画家」ドビュッシーが ピアノのために 作曲した曲であって、ピアノでしか奏し得ない曲なのだ。
 真に芸術的な演技を目指すなら、川口組を見習うべきです!

Maoasada 浅田真央は残念な出来であったが、トリプルアクセルを含む6種類すべてのジャンプに果敢に挑みました。
 今回の技術審判は、厳しいことで有名な、日本人の某A氏であったが、フリーの3Aまでダウングレードは、厳しいんでないの?
 村上佳菜子の3回転+3回転も、2回ともUR判定。
 どっちも認定で、良かったと思いますけどね。
 あまり厳しくし過ぎると、面白くないですよ?

Yunakim キムヨナの「アリラン」は、ちょっち期待外れであった…
 チマチョゴリ風の優雅な衣装で来ると思いきや、妙に地味な衣装だし、ジャンプの失敗もあったが、何度も見たいプロでは、ない…
 中盤のスキャットも、なんか薄気味悪くて逆効果でしたかね!

Kozuka 小塚崇彦は、リストの絢爛華麗なピアノ協奏曲を見事に演じ切りまして、銀メダル。
 今シーズンはピアノ協奏曲で滑る選手が多かったが、やっぱ小塚のリストが、編曲も良くて、プログラムとして一番良かったですね!
 ジャンプも音楽との関連性があって大変よろしい。

Hyoshosiki 表彰式の花束は、なんか無駄にデカくて、いまひとつ…
 ユリの花は蕾がちだし、アンディーの(安藤美姫の)花束は殆ど蕾ジャン?

 なにしろ、表彰式の花束につい着目してしまうのは、ガーデナーなら当然のことなんです。

 バーなら

|

2011年3月23日 (水)

キムヨナの、アリラン

Yunakim091115c お晩!

 ところで、フィギュアスケートの世界選手権は、事実上、中止…
 日本選手の活躍は勿論だけど、キムヨナの演技が見られないのが、残念だ。
 「アリラン」 他、韓国のトラディッショナルな音楽を編曲したフリー演技を、楽しみにしておったのじゃが…

 今後、エキシビションとか「お遊び大会」 で見る機会があるかもしれませんが、できれば勝負を賭けた世界選手権で、見たかったです!

 動画を検索したら、出所は不明であるが、一応あったので、貼っておく。時間が3分しか無いので、本番の演技とは違うと思われる。
 http://www.youtube.com/watch?v=_7bOGdbKAgA

 バーなら

【追記】
 フィギュアの世界選手権は、4月24日からモスクワで代替開催されるそうです。

 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011032401001335.html

 これで、勝負を賭けたキムヨナの「アリラン」とか、浅田真央の「愛の夢」が見られるのでうれしい。

|

2011年2月23日 (水)

長時間ステップを捨てた浅田真央

 お晩!
 ところで先週、台湾で行われましたフィギュアスケートの四大陸選手権で、浅田真央が、やりました。
 優勝は逃したが、大幅に変更したフリープログラム「愛の夢」を、演じ切ったのだ。

 まだご覧にナラレていないガーデナーの皆さんのために、こっそりユーチューブにアップしましたので、ご覧あれ

 ★動画URL http://www.youtube.com/watch?v=oeQAqGQCNjY
 ※バレたようなので、動画は削除しました。2011.4.15

 今回の変更で良かった点を3つ挙げると、
① まず前半のイーグルを省略して、ルッツジャンプに「ゆとり」が出ました。その後のスピンもカデンツァとぴったり合って、ロ長調への切り替えもバッチリであった。

② あと、何と言っても後半のステップを40秒→25秒に大幅に短縮して、演技全体に「ゆとり」が出ました。
 タラソワに師事して以来、妙に長時間ステップに拘っていたが、レベル4が取れるなら話は別だけど、これまでフリーでは一度もレベル4が取れていません。
 基礎点たった3.3点のステップに40秒も費やすなど愚の骨頂! やっと長時間ステップを捨ててくれてホッとしている。

Maoasada101128a ただ、← この首をカクカクさせる振付と、自分をハグして駆け出す振付が無くなったのは少し残念!

③ 最後にコレオスパイラルを持ってくる斬新な構成で、余裕のエンディング。
 これまでは最後の最後まで要素てんこ盛りでドタバタ感が否めなくて、タイムオーバーを気にして唐突にフィニッシュのポーズを取る事が多かったが、それだと観客も拍手し損ないますよ?
 やはり「愛の夢」のような曲は、曲の余韻を上手に使って、「ゆとり」を持って締めてほしいね。

 あと、今回のプログラムで、トウループが回転不足、ルッツがエッジエラーであったが、6種類すべての3回転ジャンプを着氷しました。
 これは、1991年ラリック杯の伊藤みどり以来の快挙だ。(たぶん)

 これで、あとは編曲がもう少し「まとも」なら言うこと無いんだけど、まあ今さら変更は無理だろうし、もうとやかく言いません。

110220 ← この表彰式の花束だけど、緑の丸いのはフウセントウワタ(風船唐綿)ですかね? いまいちセンスに欠けるような…
 あと、ラッピング代わりにハランを使うのは、もう飽きたんですけど!

 バーなら

|

より以前の記事一覧